水稲収穫量の多い市町村ベスト20

統計

いつも工業のデータばかり紹介していたので、しばらく農業のデータを紹介したいと思います。まずは、日本人の主食である米からです。実際の入試では市町村名は出題されないので、どの平野・盆地に位置しているかを書いておきました。

水稲収穫量の多い市町村(2017年)

順位都道府県市町村収穫量(t)平野・盆地名
1新潟県新潟市133,700越後平野
2秋田県大仙市73,700横手盆地
3山形県鶴岡市64,300庄内平野
4新潟県長岡市62,400越後平野
5秋田県横手市61,900横手盆地
6秋田県大潟村60,900八郎潟干拓地
7宮城県登米市58,800仙台平野
8新潟県上越市57,500高田平野
9岩手県奥州市55,000北上盆地
10宮城県大崎市54,900仙台平野
11宮城県栗原市52,400仙台平野
12青森県つがる市48,500津軽平野
13山形県酒田市44,800庄内平野
14富山県富山市44,000富山平野
15岡山県岡山市43,900岡山平野
16福島県郡山市43,800郡山盆地
17新潟県新発田市43,500越後平野
18岩手県花巻市40,600北上盆地
19北海道旭川市37,500上川盆地
20北海道岩見沢市37,000石狩平野

見ての通り、名だたる米どころが並んでいます。トップの新潟市は政令指定都市でありながら、圧倒的な1位です。越後平野といえば、かつては湿田だった土地を暗きょ排水により乾田に改良し、農業機械(コンバインなど)が導入しやすくなったこと、冬は雪が降るので農業ができない水田単作地帯というあたりが入試でもおなじみです。

仙台平野・庄内平野といった入試でも頻出の地形名が並んでいますが、市町村名に聞き覚えのない都市がいくつかあります。奥州市や大仙市など平成の大合併で市町村名が変わった都市が多いためです。

ちょっと意外なのが、岡山市です。瀬戸内はもともと雨が降らないので稲作のイメージがあまりないんですよね(実際岡山県は18位)。ただ、県南部にある岡山市は、北部にある山地でそこから高梁川などの河川により水が供給され、日照時間も長いので米作りがしやすい環境です。
あと、言われてみれば岡山で農業といえば三大干拓地の1つである児島湾があるんですね。児島湾の地域は、岡山市に含まれる部分も多いため岡山市が上位に入ってくるのも納得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました