だいこんの収穫量が多い市町村ベスト20

統計

春の七草といえば、「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」です。その中のすずじろはだいこんのことです。旧暦の春ということで、今の季節でいえば冬になり、だいこんはどちらかというと冬の食べ物になります。しかし、栽培品種や栽培地域を変えることで、現在では一年中食べることができます。農林水産省の統計では「春だいこん」「夏だいこん」「秋冬だいこん」と分類されます。ちなみに、秋冬だいこんは煮物に向いていますが、春だいこんは生食、夏だいこんは炒めて調理するのもよいようです。

だいこんの生産順位を都道府県単位でみると北海道・千葉・青森あたりが1位争いをしている作物です。これといった傾向があるわけではなく、それほど入試で出題されるわけではありません。
それでは、市町村単位でみてみましょう。今回は、季節ごとに分類されていた数値を合算したものを紹介します。どの季節に栽培されているかも表記しました。

順位都道府県名市町村名季節出荷量
(t,2016年)
1神奈川県三浦市秋冬68,600
2千葉県銚子市春秋冬56,400
3長崎県島原市春秋冬32,000
4新潟県新潟市秋冬24,500
5徳島県鳴門市秋冬16,300
6千葉県市原市春秋冬15,300
7北海道留寿都村14,500
8北海道帯広市14,200
9鹿児島県大崎町秋冬13,700
10青森県おいらせ町夏秋冬13,410
11長崎県雲仙市春秋冬11,970
12千葉県旭市8,900
13青森県六ケ所村8,800
14北海道真狩村8,500
15北海道幕別町7,930
16青森県三沢市春夏7,630
17和歌山県和歌山市秋冬7,200
18岐阜県郡上市7,160
19北海道恵庭市夏秋冬6,910
20北海道標茶町6,570

都道府県単位では上位にいない神奈川県の三浦市が1位でした。「三浦だいこん」とよばれる品種があるほど有名ない地域ですが、災害への強さなどを理由に現在では三浦だいこんはほとんど栽培されていないようです。
三浦市が秋冬だいこんだけで1位になっているのに対し、2位銚子市は秋冬2位、春1位と長い期間だいこんを栽培していることになります。三浦市も含めて、典型的な近郊農業の都市ですね。

夏だいこんは北海道をはじめ、涼しい地域の独壇場です。もともと、冬の作物だから当然といえば当然ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました