はくさいの収穫量が多い市町村ベスト20

統計

今回は冬の鍋の定番、はくさいの出荷額ベスト20です。鍋の定番ということで分かるようにはくさいの旬は冬ですが、夏でも涼しい気候を生かす高冷地農業で現在は夏でも生産されています。

はくさいの出荷量が多い市町村ベスト20

順位都道府県市町村季節収穫量
1茨城県八千代町秋冬春65,400
2長野県南牧村春夏57,230
3茨城県結城市秋冬春47,730
4長野県川上村春夏41,390
5長野県小海町春夏27,760
6茨城県古河市秋冬20,200
7茨城県坂東市秋冬春18,520
8長野県佐久市春夏13,680
9兵庫県南あわじ市秋冬12,900
10茨城県常総市秋冬12,700
11長崎県島原市12,300
12鹿児島県曽於市秋冬11,100
13長野県小諸市春夏10,760
14茨城県坂東市秋冬10,600
15長野県南相木村春夏8,719
16愛知県豊橋市秋冬8,480
17茨城県下妻市秋冬7,340
18岡山県瀬戸内市秋冬7,260
19大分県日田市秋冬6,190
20群馬県長野原町5,920

都道府県単位でみると茨城県(都道府県別1位)と長野県(同2位)が激しく上位を争っています。今、「激しく」といいましたが、季節を見てわかるように両者では栽培時期が異なります。長野県は前述した夏に出荷が多く、茨城県では本来の旬である秋冬の出荷が中心で、いわゆる近郊農業です。

茨城県上位の八千代町・結城市・坂東市・古河市はいずれも県西部にあり、東京に出荷しやすい場所に位置します。
長野県の南牧村・川上市・小海町は、八ヶ岳ふもとの野辺山原に位置する、教科書通りの高冷地です。

野菜は新鮮さが求められるので、関東周辺に集中しつつも大分・鹿児島・岡山の西日本にも上位の都市がありますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました