ねぎの収穫量が多い市町村ベスト20

統計

今回はねぎの出荷額が多い市町村ベスト20です。ねぎは連作障害がでにくく、種まきができる期間が長いため年中食べることができる作物です。ちなみに、葉鞘(ねぎの白い部分)を食べる根深ねぎと、緑色の葉の部分まで食べる葉ねぎ(万能ねぎ)にわけることができます。

寒さに強い作物ではあるものの典型的な近郊農業の作物で千葉・埼玉・茨城が生産上位の作物です。

ねぎの出荷額が多い市町村ベスト20(2016年)

順位都道府県市町村季節出荷量(t)
1茨城県坂東市春夏秋冬16,210
2千葉県山武市春夏秋冬7,070
3埼玉県熊谷市秋冬6,790
4新潟県新潟市夏秋冬4,489
5群馬県太田市4,343
6北海道七飯町夏秋冬4,300
7鳥取県米子市春夏秋冬4,293
8千葉県横芝光町秋冬春4,070
9青森県十和田市夏秋冬3,160
10福岡県朝倉市春夏秋冬3,109
11北海道北斗市夏秋冬3,000
12秋田県能代市秋冬2,830
13長野県松本市夏秋冬2,730
14広島県安芸高田市春夏秋冬2,699
15千葉県茂原市秋冬2,090
16栃木県大田原市秋冬1,730
17青森県つがる市夏秋冬1,685
18鳥取県境港市春夏秋冬1,656
19高知県香美市秋冬春1,652
20静岡県磐田市秋冬1,620

1位はの坂東市に限らずですが、一年中栽培されている地域が多いのがねぎの特徴です。新潟市・太田市あたりは何のランキングにも登場してきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました