きゅうりの収穫量の多い市町村ベスト20

統計

久しぶりに野菜の市町村別ランキングを紹介します。なお、今回からデータが2017年の収穫量になっていますが、社会科としては1年単位の誤差はそれほど重要視しないので、昨年分のデータを改定する予定はありませんので、ご了承下さい。

きゅうりの収穫量の多い市町村(2017)

1宮崎県宮崎市冬春31,800
2千葉県旭市冬春13,700
3高知県高知市冬春11,400
4埼玉県深谷市冬春10,500
5群馬県板倉町冬春9,800
6群馬県館林市冬春7,190
7群馬県前橋市冬春6,550
8宮崎県国富町夏秋5,970
9鹿児島県 東串良町冬春5,660
10埼玉県本庄市冬春5,520
11高知県須崎市夏秋5,370
12茨城県筑西市夏秋5,140
13宮崎県西都市冬春5,030
14宮崎県綾町冬春4,970
15宮崎県都城市冬春4,690
16愛知県安城市冬春4,660
17埼玉県加須市冬春4,330
18愛知県西尾市夏秋4,220
19群馬県伊勢崎市冬春3,820
20熊本県熊本市冬春3,770

一年中食べられる野菜であるきゅうりの本来の旬は夏。なのですが、ランキング上位は冬春の生産上位の地域が並んでいます。1位宮崎市、3位高知市は冬でも暖かい気候を生かして野菜の早づくりをする促成栽培の代表格ですね。

2位旭市は農業生産の多い千葉県の中で最も農畜産生産額が多い市町村です。銚子市の隣にあります。5位の板倉町は鶴の形をしたと評される群馬県のくちばしの先にある町です。

ちなみに、きゅうりの生産は宮崎県・群馬県・埼玉県・福島県が僅差で上位争いをしているので入試でほぼ出題されないデータです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました