トマトの収穫量が多い市町村ベスト20

統計

夏野菜にカテゴライズされることがおおいトマトですが、都道府県別の生産順位でいうと1位熊本県の次に冷涼な北海道が2位となかなか興味深い順位構成になっています。どうも、日本の夏は本来トマトの栽培には暑すぎるようです。

トマトの収穫量が多い市町村(2017年)

順位都道府県市町村季節収穫量(t)
1熊本県 八代市冬春54,100
2熊本県 玉名市冬春30,300
3愛知県 田原市夏秋15,700
4愛知県 豊橋市冬春13,600
5宮崎県 宮崎市冬春12,700
6愛知県 豊川市夏秋10,000
7長崎県 南島原市夏秋7,510
8熊本県 宇城市冬春7,080
9栃木県 栃木市夏秋5,370
10北海道 平取町冬春5,280
11宮崎県 都農町冬春5,260
12岐阜県 海津市冬春5,050
13栃木県 足利市夏秋5,030
14群馬県 伊勢崎市夏秋4,790
15千葉県 旭市夏秋4,770
16福岡県 うきは市冬春4,720
17栃木県 宇都宮市夏秋4,650
18三重県 木曽岬町冬春4,590
19栃木県 小山市冬春4,560
20千葉県 一宮町冬春4,410

八代市というと、たたみ表の原料であるい草の生産地として有名です。干拓地が広がる八代市は土地の塩分が強く、その土壌を生かした塩トマトに代表されるフルーツトマトの産地として知られます。塩害に強いということで東日本大震災後に宮城県などで栽培がおこなわれたことが話題になりました。

3位田原市は、このシリーズでは何度か登場している渥美半島にある市で、市町村別農産出荷額1位です。
都道府県別の生産額で2位の北海道は、市町村別では平取(びらとり)町が10位に入っているだけです。自治体数が多い北海道ならではの現象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました