ピーマンの収穫量が多い市町村ベスト20

統計

このシリーズを連載していて「野菜の旬とはいったい?」という気持ちが強くわいています。本来、ピーマンは夏野菜に分類されるのですが、今や冬から春のほうが収穫量が多くなっています。かつては、ピーマンの栽培といえば宮崎県でした。現在の都道府県別1位は茨城県で、宮崎県は2位になっています。

ピーマンの収穫量が多い市町村(2017年)

順位都道府県市町村季節収穫量(t)
1茨城県神栖市年中29,300
2宮崎県西都市冬春10,300
3宮崎県宮崎市冬春4,640
4高知県土佐市冬春4,240
5鹿児島県 東串良町冬春4,060
6鹿児島県 志布志市冬春3,970
7宮崎県新富町冬春3,150
8高知県芸西村冬春2,420
9岩手県奥州市夏秋2,040
10大分県豊後大野市夏秋1,980
11鹿児島県 鹿屋市冬春1,860
12大分県臼杵市夏秋1,820
13高知県南国市冬春1,740
14宮崎県国富町冬春1,630
15沖縄県八重瀬町冬春1,500
16宮崎県日南市冬春1,360
17熊本県山都町夏秋1,270
18岩手県一関市夏秋1,140
19宮崎県小林市年中1,100
20福島県田村市夏秋1,050

ランキングを見てびっくり。茨城県が1位というより、神栖市が1位なんですね。ランキングを探しても茨城県の他の街はでてきません。まさに、神栖市の独壇場です。神栖市といえば鹿島臨海工業地域の工業都市として石油化学工業がさかんというのが、まず出てきますが、ピーマンも(個人的には)忘れないようにしたいです。2~8位にはいかにも促成栽培といった風情の宮崎・高知・鹿児島の市町村が並んでいます。

ちょっと、意表を突くのが9位奥州市。水田からの転作地としてピーマンの栽培が盛んになったそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました