麦類の産出額が多い市町村ベスト20

統計

麦類とは、小麦の他にビールに使われる二条大麦、麦米・麦茶に使われる六条大麦、麦みそに使われるはだか麦があります。

市町村別農業産出額・麦類
2016年 単位は千万円
順位都道府県市町村データ
1北海道網走市123
2栃木県栃木市98
3佐賀県佐賀市95
4北海道北見市91
5北海道帯広市77
6北海道岩見沢市71
7北海道音更町67
8栃木県小山市67
9北海道大空町65
10北海道小清水町59
11北海道芽室町57
12北海道美瑛町53
13北海道斜里町50
14北海道当別町47
15北海道清里町47
16北海道富良野市42
17栃木県大田原市42
18北海道幕別町39
19岡山県岡山市39
20栃木県佐野市38

小麦のデータのときは北海道一色でしたが、麦全体でくくると少し他の地域も出てきます。2位栃木市、3位佐賀市など、北海道以外で登場している地域は全て二条大麦の産地です。
なお、データでは登場していませんが、六条大麦は福井県、はだか麦は愛媛県の生産が多いです。

小麦にしろ大麦にしろ消費の大半をアメリカやオーストラリアからの輸入に頼っているため地域ごとの生産地は入試にはそれほど出題されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました