雑穀産出額の多い市町村ベスト10

統計

雑穀とは、米や麦などの主要な穀物を除く農作物の総称です。広い意味では大麦や大豆も入るようですが、ここでの雑穀には含まれません。主にはそば粉の原料になるソバがあてはまります。こんかいは金額が少ないのでトップ10のみです。

市町村別農業産出額・雑穀
2016年 単位は千万円
順位都道府県市町村データ
1北海道幌加内町61
2北海道深川市33
3茨城県筑西市19
4北海道音威子府村18
5北海道旭川市14
6茨城県桜川市11
7栃木県日光市11
8北海道沼田町10
8岩手県花巻市10
8福島県喜多方市10
8福井県坂井市10

北海道の上川盆地がある幌加内(ほろかない)町が1位でした。公式サイトを見ると、そば生産1位をめちゃめちゃプッシュしています。また、気象庁の公式記録ではないものの-41.2℃という最低気温の記録を持っている自治体でもあります。盆地は寒暖差が激しいというセオリー通りです。
4位の音威子府村は「おといねっぷむら」と読みます。人口は1,000人を割り込み、北海道の中で最も人口の少ない自治体の一つです。村内にある美術系の高校で寮生活をする生徒が多くおり、その影響で自治体内の人口ピラミッドのピークが15~18歳にくる珍しい自治体でもあります。

なお、ソバの自給率は3割程度で、大半を中国からの輸入に頼っています。和食に欠かせない食材を輸入に頼っている例としてよく出てきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました