市町村別農業産出額が多い市町村ベスト20

統計

今回は、これまで別々に紹介してきた野菜の産出額が多い市町村ベストの総集編的な存在になりますね。野菜総計で多い市町村を紹介します。数値の隣にある作物は作付け面積が全国トップ3の作物を載せました。ただし、年度が2015年のデータなのと、あくまで面積なので参考程度に見てください。

市町村別野菜産出額が多い市町村(2016年 単位は千万)

順位都道府県市町村データ
1茨城県鉾田市4,525ほうれんそう・トマト・いちご・メロン
2愛知県田原市2,999キャベツ・ブロッコリー
3熊本県八代市2,831トマト
4熊本県熊本市2,623すいか・なす
5愛知県豊橋市2,362キャベツ
6埼玉県深谷市2,243ねぎ・ブロッコリー
7千葉県銚子市2,178だいこん
8千葉県旭市2,061きゅうり
9宮崎県宮崎市2,052ピーマン・きゅうり
10茨城県八千代町2,050はくさい
11新潟県新潟市1,827
12兵庫県南あわじ市1,821たまねぎ
13北海道北見市1,795たまねぎ
14群馬県嬬恋村1,696キャベツ
15長野県川上村1,656レタス・はくさい
16千葉県八街市1,608さといも
17茨城県坂東市1,556はくさい
18福岡県久留米市1,518
19茨城県結城市1,470
20静岡県浜松市1,467

いも類について千葉県鉾田市が二冠に輝きました。数値を見てわかるように思いのほか大差をつけての1位です。

この中で異彩を放つのは、10位の茨城県八千代町です。他の市町村はいくつかの作物の総計でランクインしているのですが、八千代町はくさいのみでこの順位につけています。
また、新潟市は経営母体数(農家の数)では、はくさい・ねぎ・きゅうり・なす・トマトが1位ですが、どれも作付面積ではトップ3に入っていないため、空欄になっています。幅広く多くの作物を、それぞれの農家で手がけていることが読み取れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました