「い」

和風住宅ブログの更新ネタを探すため官公庁の統計資料を見ていたら、農林水産省で不思議というか一瞬意味が分からない統計資料を見つけました。

平成29年産「い」の作付面積

「い」!?ってなんだ。と思っていましたが、そのあとに「収穫量及び畳表生産量」と書いてあったのでい草だと気が付きました。い草とは畳表の材料となる草で、古くから米の収穫を終えた水田の裏作として栽培されてきました。本来の読み方は「藺(い)」なんですね。そんな「い」の統計データはこちらです。

都道府県名 収穫量
(H29)
1位 熊本県 8,410
2位 福岡県 123

これだけです。もともと、い草はその大半を熊本県で栽培されているのは社会科の常識でしたが、福岡県でい草農家は10戸です。同じデータで平成19年は39戸あったので実に7割以上が廃業したことになります。全体で見ても収穫高は10年前の約半分になっており、安い外国産に押されているのが分かります。

熊本県のい草の歴史は古く、約500年前から栽培が始まったそうです。い草の生産量が落ちたこともあり、い草そのものの出題は減少傾向にあります。それでも、都道府県を判別する問題で熊本県を判別するキーワードとして覚えておきたいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする