入試に出る歴史上の人物 「坂田藤十郎」

標準
歌舞伎は江戸時代に演劇として発達し庶民の人気を得ました。上方歌舞伎の始祖として知られた役者が坂田藤十郎です。ちなみに、上方とは大阪・京都を指します。

演劇は観阿弥・世阿弥を除くとそれほど入試で出題されているわけではありませんが、坂田藤十郎は中学校の教科書で登場しているので一定の注意が必要です。

読み:さかたとうじゅうろう
時代:江戸時代前半(17世紀前半)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする