入試に出る歴史上の人物 「小林一茶」

標準
小林一茶化政文化を代表する俳人で「我ときて 遊べや親の ない雀」などの句が知られているのが小林一茶です。

与謝蕪村もそうですが、小林一茶はどちらかというと国語の文学史での出題が中心になる人物です。中学校の教科書ではどこかで一茶の句は掲載されているので、国語の定期テストで出題されやすいです。

読み:こばやしいっさ
時代:江戸時代中期(18世紀末)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする