入試に出る歴史上の人物 「本居宣長」

重要
本仏教や儒教などが日本に伝わる前から日本人が持っていた考え方を学ぶ学問が国学です。国学を代表する人物で古事記を研究した「古事記伝」を書いたのが本居宣長です。

高校日本史では国学者は賀茂真淵などほかにも重要人物がいますが、中高受験においては国学=本居宣長の感覚で大丈夫です。「古事記」は奈良時代に書かれた歴史書ですが、「古事記伝」は江戸時代に書かれた国学書であることに注意が必要です。

読み:もとおりのりなが
時代:江戸時代中期(18世紀後半)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする