入試に出る歴史上の人物 「滝沢馬琴」

発展
本化政文化期に書かれた長編小説「南総里見八犬伝」の作者が滝沢馬琴(曲亭馬琴)です。

実は、滝沢(本姓)+馬琴(雅号)という言い方は正確ではない層ですが、中学校の教科書は滝沢馬琴と書かれているので、そちらの表記に今回は合わせました。

読み:たきざわばきん
時代:江戸時代後半(19世紀初め)