入試に出る歴史上の人物 「伊藤博文」

基本
伊藤博文1885年内閣制度ができ、初代内閣総理大臣となったのが伊藤博文です。

重要
伊藤博文は吉田松陰が指導者として活動した松下村塾のメンバーの1人です。
明治維新期には岩倉使節団のメンバーとして欧米に派遣されました。
議会開設が決まった際に、各国の憲法を調査するためにドイツに留学をしています。「天皇中心の国づくりを目指して、君主県の強いドイツの憲法を参考にした」というのは、記述問題の定番の1つです。
日清戦争開戦時の内閣総理大臣でもあり、講和条約である下関条約に調印しました。

応用
日露戦争後、韓国統監府の初代統監を務めたのが伊藤博文です。韓国併合(1910年)の前年、ハルビンで韓国の青年安重根によって暗殺されています。

注意
1889年、大日本帝国憲法が発布されたときは内閣総理大臣は黒田清隆になっており、伊藤博文でないので注意が必要です。また、意外と「博」の字を間違えやすい(最後の点を付け忘れる)ので、気を付けましょう。

明治時代全体を通じて、様々な形で登場する最重要人物の1人です。ちなみに、初代内閣総理大臣にして、最年少の内閣総理大臣(44歳)です。憲政に対する貢献により、大隈重信・板垣退助とともに国会議事堂中央広間に銅像が建てられています。

読み:いとうひろぶみ
時代:明治時代(19世紀後半)