入試に出る歴史上の人物 「与謝野晶子」

与謝野晶子重要
1904年におきた日露戦争のさなか、出征する弟を案じた詩「君死にたまふことなかれ」を発表した歌人が与謝野晶子です。歌集としては「みだれ髪」が知られています。

読み:よさのあきこ
時代:明治後半(20世紀初め)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする