入試に出る歴史上の人物 「小村寿太郎」

基本
日露戦争1905年、日露戦争の講和条約であるポーツマス条約を結んだのが小村寿太郎です。
また、小村寿太郎は1911年アメリカとの間で関税自主権の回復を取りまとめました。これにより、日米修好通商条約以来の不平等条約が改正されました。

読み:こむらじゅたろう
時代:明治時代後半(20世紀初め)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする