入試に出る歴史上の人物 「後白河天皇」

発展
和歌を詠む人 1156年に天皇家や藤原氏の争いである保元の乱に勝利した天皇が後白河天皇です。

保元の乱に敗れた崇徳上皇は問題文に名前が出ることはありますが、入試で出題されることはほぼありません。最近、上位校で後白河天皇の名前が聞かれることが増えている気がします。

読み:ごしらかわてんのう
時代:12世紀後半(平安時代末期)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする