入試に出る歴史上の人物 「中臣鎌足」

基本
645年からおこった大化の改新中大兄皇子の協力者として活動しました。後に、藤原の名字を授かり、藤原氏の始祖となりました。

注意
「藤原」の名を授かったのは、亡くなる直前だとされるので、大化の改新がおきたときは「中臣鎌足」が正解になります。中高受験社会で「藤原鎌足」と書く場面はほぼありません。

読み:なかとみのかまたり
時代:飛鳥時代中期(7世紀中ごろ)