入試に出る歴史上の人物 「持統天皇」

重要薬師寺
日本で初めての本格的な都である藤原京に都を移したのが、持統天皇です。壬申の乱で勝利した天武天皇の妻で、彼の死後即位しました。

藤原京の発掘調査によって、その規模がこれまで思われていたものより大きかったことが分かり「初の本格的な都」という表現が着けられるようになってきました。それに伴って、当時の天皇だった天武・持統天皇の重要度は上がっています。

読み:じとうてんのう
時代:飛鳥時代後半(7世紀後半)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする