入試に出る歴史上の人物 「鑑真」

読み:がんじん唐招提寺
時代:奈良(8世紀中ごろ)

基本
仏教の知識を日本に伝えるために、唐から日本に招かれた僧が鑑真です。日本への渡航は5回失敗し、6度目の渡航でやっと日本にたどり着きました。鑑真が日本で建立したとされる寺が唐招提寺です。
注意
唐招提寺の金堂と現在に伝わる鑑真像は写真史料問題の定番の一つです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする