入試に出る歴史上の人物 「源義経」

読み:みなもとのよしつね源義経
時代:平安末期(12世紀末)

重要
1185年におきた壇ノ浦の戦い(山口県)で平氏を滅亡させた中心人物が源義経です。鎌倉幕府をつくった源頼朝は兄です。


源平の戦いである、石橋山の戦い→富士川の戦い→倶利伽羅峠の戦い→一の谷の戦い→屋島の戦い→壇ノ浦の戦いという流れは意外と並び替えの問題で出題されます。平氏がかつての根拠地だった西日本に逃れていくことが地図から読み取れます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする