入試に出る歴史上の人物 「竹崎季長」

読み:たけざきすえなが
時代:鎌倉後半(13世紀後半)


元寇の時の様子を描いたことで有名な史料である「蒙古襲来絵詞」に登場する御家人竹崎季長です。

竹崎季長自身は入試的にはマニアックな名前です。しかし、「蒙古襲来絵詞」は集団戦法や火薬兵器(てつはう)に苦しめられた御家人の姿を映す史料として、極めて重要でこの部分は重要レベルです。