入試に出る歴史上の人物 「藤原定家」

読み:ふじわらのさだいえ(ていか)和歌を詠む人
時代:鎌倉前半(13世紀初め)

標準
鎌倉時代を代表する歌人で「新古今和歌集」編集の中心人物が藤原定家です。「小倉百人一首」を選んだ人物とされます。

注意
「藤原」「古今和歌集」といえば平安時代ですが、藤原定家「新古今和歌集」は鎌倉時代なので注意が必要です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする