入試に出る歴史上の人物 「栄西」

標準座禅
から、座禅により悟りを開こうとする臨済宗を日本に伝えたのが栄西です。


栄西は宋から茶の種を日本に持ち帰り、喫茶の習慣をつくるきっかけとなった人物です。臨済宗は同じ禅宗の曹洞宗と比べて、鎌倉幕府に近い立場で活動したことも知っておいて損はありません。

読み:えいさい
時代:鎌倉前半(12世紀末)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする