入試に出る歴史上の人物 「後醍醐天皇」

基本後醍醐天皇
1333年鎌倉幕府を滅亡させ、翌年から建武の新政を行ったのが、後醍醐天皇です。

重要
建武の新政は天皇中心の政治(天皇親政)でしたが、天皇・公家中心の政治だったため、恩賞の少なかった武士の不満がたまりました。

基本
武士の不満をまとめた足利尊氏が室町幕府を開くと後醍醐天皇は京都を逃れ、京都に幕府方の北朝、奈良に後醍醐天皇方の南朝という2つの朝廷がある南北朝時代(南北朝の内乱・争乱)となりました。


京都を逃れた後醍醐天皇が拠点を作ったのが奈良の吉野です。

後醍醐天皇は漢字が難しいので練習が必要です。「だい」は題(だい)、「ご」は湖(こ)の音を表す部分が漢字に使われていると意識をすると書く順番のミスが防げます。

読み:ごだいごてんのう
時代:鎌倉時代末期~室町時代初期(14世紀前半)