入試に出る歴史上の人物 「今川義元」

掛川城
1560年、桶狭間の戦い(愛知県)で織田信長に敗れたのが今川義元です。当時、今川家は三河から静岡県の遠江・駿河を治める大名でした。

昔は桶狭間の戦いといえば信長の奇襲戦法でしたが、最近の研究成果で奇襲攻撃ではなかったのが定説になっています。「海道一の弓取り」といわれ栄華を誇っていた義元にとっては(死んでしまったの当たり前ですが)、桶狭間の戦いは痛恨の出来事でした。

読み:いまがわよしもと
時代:室町時代末期(16世紀半ば)