入試に出る歴史上の人物 「石田三成」

応用石田三成
1600年におきた関ヶ原の戦い(岐阜県)で徳川家康に敗れたが石田三成です。

最近の研究では関ヶ原の戦いはあくまで豊臣家内の主導権だったと考えるのが主流のため、石田三成を「豊臣方の総大将」という表現をすることはほぼありません。ただし、現在の入試でも「徳川家康に関ヶ原の戦いでやぶれたのはだれか」という設問で石田三成を聞く問題は、意外と出題されます。

読み:いしだみつなり
時代:安土桃山時代(16世紀末)