「 2017年08月 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「徳川綱吉」

基本
江戸幕府5代将軍で極端な動物愛護令である生類憐みの令をだした人物として知られるのが徳川綱吉です。

重要
徳川綱吉は儒教をさかんにし、礼儀・忠節を重要視する政治を行いました。江戸時代は商品流通がさかんになり金銀が不足したため、綱吉のころ貨幣に含まれる金・銀の割合を下げました。その結果、物価上昇を招きました。
綱吉が将軍をしているころ、上方を中心に栄えた文化が元禄文化です。

進学塾講師をしていて、扱いが難しいのが徳川綱吉です。近年、歴史史料の再評価により綱吉の政治の見直しが進んでいます。中学校教科書では、それに準じた説明がされているのですが肝心の定期テストや入試問題では、相変わらず徳川綱吉=生類憐みの令になりがちだからです。

読み:とくがわつなよし
時代:江戸時代前半(17世紀末)


入試に出る歴史上の人物 「尾形光琳」

発展
蒔絵江戸時代前半から中期を代表する画家の1人が尾形光琳です。尾形光琳は装飾画家として名高く、中学校教科書では「八橋蒔絵螺鈿硯箱」が掲載されていることが多く、どちらかというと定期試験で写真史料とともに出題される傾向があります。

読み:おがたこうりん
時代:江戸時代前半(17世紀末)


入試に出る歴史上の人物 「近松門左衛門」

重要
人形浄瑠璃江戸時代前半の文化である元禄文化を代表する人物の1人が近松門左衛門です。近松門左衛門は人形浄瑠璃歌舞伎の脚本・作者として知られ、代表作は「曾根崎心中」などです。

近松門左衛門・人形浄瑠璃、両方とも受験生にとっては名前が長かったり、漢字が難しかったりと厄介な存在といえるでしょう。ただ、人形浄瑠璃は漢字が難しいため、逆に語句を答える問題の答えにはなりにくいです。社会のテストは漢字テストではないのです。

読み:ちかまつもんざえもん
時代:江戸時代前半(17世紀末)


入試に出る歴史上の人物 「河村瑞賢」

発展
江戸時代の船江戸時代、東北から江戸までの航路である東廻り航路と、東北から北陸・中国地方を回って畿内にむかう西廻り航路を整備したのが河村瑞賢です。

中学入試では交通に関する出題が多いので、それに大きな貢献をした河村瑞賢はときおり出題されます。逆に、高校入試ではあまり出題されません。

読み:かわむらずいけん
時代:江戸時代前半(17世紀半ば)


中学入試プレイバック2017 「海城中」

問 日本ではガソリン車や電気自動車とは別にガソリンエンジンとモーターの両方を使って走る自動車の数も年々増加しており、しかもその数は約47万台(2015年)にのぼっています。その自動車のことを何とよんでいますか。ただし、自動車メーカーごとの商品名ではなく、一般的な名前を答えなさい。(2017年海城中)

プリウスおそらく、海城中に合格した生徒の95%は正解した問題でしょう。4年生あたりだと、けっこうな確率で「ハイブリッカー」と書いて、それに気が付かずに丸をつけてしまう問題です。6年生になって、このあたりのありがちなミスをするようでは難関中には合格できません。

今回この問題を取り上げたのは問題の後半「ただし、自動車メーカーごとの商品名ではなく、一般的な名前を答えなさい」という部分にちょっとびっくりしたからです。商品名というのはトヨタ・プリウスを指すのは間違いないんですが、この注釈が必要なほどハイブリッドカー=プリウスなんですね。

答 ハイブリッドカー


入試に出る歴史上の人物 「宮崎安貞」

発展
本江戸時代に書かれた日本最古の農書(農業に関する書物)である「農業全書」を書いたのが宮崎安貞です。

この入試に出る歴史上の人物シリーズに収録する人物リストを作成していて収録するかどうか迷った筆頭が宮崎安貞です。宮崎安貞が出題される可能性が一番高いのは入試ではなく中学校の定期試験でしょう。中学入試では、ほぼ出題されません。

読み:みやざきやすさだ
時代:江戸時代前半(17世紀後半)


入試に出る歴史上の人物 「菱川師宣」

重要
浮世絵江戸時代前半の元禄文化期に浮世絵を確立した人物として知られるのが菱川師宣です。代表作は「見返り美人図」です。

浮世絵といえば版画のイメージですが、実は見返り美人図は肉筆画です。見返り美人図は実際に博物館で見たことがあるのですが、意外なほど小さいです。東京国立美術館のデータによると縦63.0cm、横31.2cmなのでポスター程度のサイズです。教科書の史料を見ていると、もっと大きいサイズのイメージだったのが驚きでした。

読み:ひしかわもろのぶ
時代:江戸時代前半(17世紀後半)


中学入試プレイバック2017 「栄光学園中」

問 最近、包装用以外にも、災害時に避難所の生活で段ボールが利用されます。どのようなことに使われますか。1つあげなさい。(2017年栄光学園中)

段ボールベッド最初に触れておきたいことは、社会の授業の中でこの問題の答えを学習している可能性は低いということです。では、この問題の答えをどのように導き出せばよいのでしょうか。

段ボールが日常、どのように使われているかといえばまず思いつくのは「箱」でしょう。「段ボールある?」とだけ聞かれたときにまず思いつくのは「段ボール箱」ではないでしょうか。なぜ、段ボールが箱に使われるのかというと衝撃に強いつくりをしており、中の商品を守ってくれるからです。また、軽く安価なため輸送コストや負担も軽くなります。最近では加工を工夫することで、型を取ってプラスチックでつくっていた容器を段ボールでつくることも増えました。その段ボールの利点を生かして、避難所で役立ちそうな使い方を思いつければ正解がでてきます。

活用法広がる 災害用ダンボール ~東日本大震災5年(NHK)

私自身がこの問題をみて最初に思い付いた答えは実は「仕切り」でした。避難所生活が長引くと大きな問題になるのがプライバシーの問題だからです。しかし、これを見ると子どもが苦し紛れに「段ボールハウス」と書いても正解になるような気がしてきました。とりあえず、答えを書く勇気は大切です。

ちなみに、段ボールの強みとしてリサイクルのしやすさもあります。段ボールの素材は紙なのでほぼ100%リサイクルが可能で、段ボール古紙から再度、段ボールを作り出すことができます。リサイクルしやすいということは避難所で使い終わった段ボールを再利用しやすくゴミにならないということです。

なお、段ボールの弱点は言うまでもないことかもしれませんが「水に弱い」ことです。

答 仕切り・簡易ベッドなど


入試に出る歴史上の人物 「俵屋宗達」

発展
風神雷神図江戸時代前半にふすま絵などの装飾画家として知られるのが俵屋宗達です。代表作は「風神雷神図」です。

俵屋宗達は中学入試ではほぼ出題されませんが、中学校の教科書で写真史料で風神雷神図が掲載されていることが多いので高校受験では注意が必要です。

読み:たわらやそうたつ
時代:江戸時代初期(17世紀前半)


入試に出る歴史上の人物 「シャクシャイン」

重要
アイヌコタン江戸時代にアイヌの人々と独占的に交易をしていたのが松前藩です。松前藩はアイヌの人々の交易で不公平な取引を行い、アイヌの人々の反感を買いました。アイヌの人々の首長として松前藩に対し戦いを呼びかけたのがシャクシャインです。

今回は無料の画像が見つからなかったので、直接の引用は避けましたがシャクシャイン像の画像を資料として使う問題はとても多いです。

時代:江戸時代前半(17世紀半ば)


スポンサーリンク