2017-09

未分類

入試に出る歴史上の人物 「近藤重蔵・最上徳内」

外国船の来航が増えた江戸時代後半、防備を固めるため土地の調査として蝦夷地の探検を行ったのが近藤重蔵と最上徳内です。 江戸時代の北海道開拓に関する中学校の教科書資料で登場する人物たちです。入試で出題されることはほぼなく中学生の定期テ...
2017.10.25
未分類

入試に出る歴史上の人物 「林子平」

江戸時代後半、相次ぐ外国船の襲来に備えるため、著書「海国兵談」で海防の必要性を解いたのが林子平です。しかし、当時の老中であった松平定信らには受け入れられず処罰されました 読み:はやししへい 時代:江戸時代後半(19世紀初め)
未分類

マニフェストはもう出ない。

政権公約(マニフェスト) 総選挙のとき、多くの政党は政権を担当したときに実施する政策やその実施方法などを明記した政権公約(マニフェスト)を発表します。(東京書籍「新しい社会公民」より) マニフェストという言葉が使われるようになったのは2...
2018.10.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「レザノフ」

1804年、長崎に来航し日本に通商を求めたロシア人がレザノフです。幕府はこの申し出を拒絶し、外国船に来航に備えるため蝦夷地の探索を推し進めました。間宮林蔵に樺太を探検させるなどしました。 レザノフが出題されるとしたら、ラクスマンに...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「ラクスマン」

1792年、漂流した日本人を連れ、また日本に通商を求めて蝦夷地の根室に来航したロシア人がラクスマン(ラックスマン)です。 当時、江戸幕府の老中を務めていたのが松平定信です。幕府はラクスマンの要求を拒否しています。外国船の来航が増え...
2017.09.08
未分類

入試に出る歴史上の人物 「松平定信」

18世紀末、江戸幕府の老中として寛政の改革を行ったのが松平定信です。 松平定信は昌平坂学問所をつくり、幕府の学問所で朱子学以外を学ぶことを禁止しました。また、ききんに備えて米を蓄える囲米を行いました。 過剰な引き締め政策...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「田沼意次」

江戸時代中期に老中として、積極的な経済政策を行ったのが田沼意次です。商人の同業者組合である株仲間を積極的に奨励し、そこから税を取ることで幕府の財政を安定させようとしました。 印旛沼・手賀沼の干拓による新田開発や蝦夷地の開発を行...
2019.04.15
未分類

入試に出る歴史上の人物 「青木昆陽」

徳川吉宗の指示のもと、かんしょ(さつまいも)の研究をしたのが青木昆陽です。 さつまいもの栽培が鹿児島県で盛んであるという地理の知識と関連付けて出題することができる人物というのもあり、意外と入試で出題される人物の1人です。 読...
入試問題

中学入試プレイバック2017 「早稲田中」

問 右の図はある都道府県の県章ですが、県全体の形を表していないという指摘があり、現在では別のシンボルマークを使用することも多くなっています。この県章で表されていない島で、面積の大きな島の中から、2つの島名を答えなさい。(2017年早稲田中)...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「徳川吉宗」

18世紀前半、江戸幕府の8代将軍として享保の改革を行ったのが徳川吉宗です。徳川吉宗は庶民の意見を聞くために目安箱を設置し、裁判の基準となる公事方御定書を制定しました。 吉宗は新田開発を行い、幕府の収入を増やそうとするとともに、無駄な出...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました