2018-02

入試問題

中学入試プレイバック2018 「渋谷教育学園渋谷中」

きわめて個人的な話で恐縮ですが、私はかなりの甘党です。受験期になると、気を張るからなのか無性に甘いものが食べたくなります。特に、山崎製パンの「まるごと苺」と「雪苺娘」がお気に入りです。これらの商品がコンビニに並びだすのは、決まって年...
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「6年上第4回 国際連合と平和」

国際連合が発足したのは太平洋戦争・第二次世界大戦が終わった1945年です。いつも、授業の導入にこの年号を確認します。私の場合、授業の導入のオーソドックスな形は生徒たちが知っている話をして、そこから新しい学習内容に持ち込むスタイルです。  ...
2020.06.18
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「5年上第4回 うつくゆく工業のすがた」

第4回では工業地帯や工業地域といった比較的おなじみの内容が登場します。この単元は「なぜなのか?」という部分は割と少なくて暗記中心の単元といえるでしょう。 まず、この単元で重要なことはグラフをつかった工業地帯や工業地域の区別です。 ま...
2020.06.16
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「4年上第4回 くらしやすい街」

2018年入試では、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)であるピクトグラムに関する出題が多くみられました。多様性(ダイバーシティ)が求められる現代社会で、誰もが暮らしやすい街づくりを目指すことは必須課題と言えるでしょう...
2020.06.09
入試問題

中学入試プレイバック2018 「慶應義塾中等部」

 以前「あてはまるものを ”全て”選びなさい」は難易度を著しく上げる 」という記事で (誤りを選ぶ問題で)全て当てはまる場合を考慮する。これだけで、難易度はかなり上がります。まず単純な確率論では、5択問題になるので正答率は2割になります。...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「後白河天皇」

 1156年に天皇家や藤原氏の争いである保元の乱に勝利した天皇が後白河天皇です。 保元の乱に敗れた崇徳上皇は問題文に名前が出ることはありますが、入試で出題されることはほぼありません。最近、上位校で後白河天皇の名前が聞かれることが増...
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「6年上第3回 内閣と裁判所」

第3回で学習する単元は内閣と裁判所です。この時期には「現在の内閣総理大臣を漢字で書くこと」を1度は確認しますね。現在の内閣総理大臣は安倍晋三ですが、漢字で書くとなると意外と難しい。安倍という字は「安部」「阿部」「阿倍」といろいろありますし、...
2020.06.18
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「5年上第3回 いろいろな工業」

入試問題のトレンドということでいえば若干出題頻度が落ちているのが、工業に関する単元です。理由はいくつかあると思うのですが、1つには現在の日本を工業国と単純にとらえることができないことです。食の問題や環境、資源・エネルギーと他のテーマが優先さ...
2020.06.16
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「4年上第3回 ものを売る仕事」

スーパーやコンビニで買い物をしたことがない生徒はいません。その意味では、生徒たちにとって身近な単元といえるでしょう。ただ、漠然と子どもに接しているか、「なぜ?どうして?」という関心を普段からご家庭で高めることができているか、そういった家庭で...
2020.06.09
入試問題

中学入試プレイバック2018 「フェリス女学院中学」

問題としては別に大した問題ではなく、むしろ正解しないと大きなビハインドを背負う基本問題です。 茶の生産といえば静岡県です。静岡県の牧ノ原(市の名前は牧之原市)で茶の栽培がさかんというのは基本中の基本。牧ノ原で茶の栽培が始まったのは明治...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました