「 2018年06月12日 」一覧

窯業・土石製品製造業がさかんな都道府県2017

窯業・土石製品ランキング
窯業・土石製品と聞くと、陶磁器を頭に思い浮かべると思います。
1位の愛知県では常滑焼・瀬戸焼が有名です。しかし、実際は、ガラス・セメント・ファインセラミックスなどのほうが主流の産業です。建築材料大手のLIXILの前身の1つINAXが愛知県に本社があり、その関係で今でも多くの工場があります。

福岡県はトイレ製品のTOTOの本社があり、滋賀県にも工場がありその関係でランキングに入っているものと思われます。


なめし皮製品・毛皮製造業のさかんな都道府県2017

なめし革・毛皮製品ランキング2017

絶対に入試に出ないランキングが登場しました。「なめし」とは動物からはいだ皮の劣化を防ぐために加工する工程を言い、なめすまえのものを「皮」、なめしたものを「革」と分類します。ここでは、革製品のバッグや靴などが含まれます。他の分類と金額を比べればわかるように大きな規模の工業ではありません。

こういう日用品になると兵庫県は入ってきますね。「天使のはね」のランドセルで有名なセイバンが兵庫県たつの市にあります。合成皮革をつかったケミカルシューズで有名な神戸市長田地区や、牛革製品の姫路市も入ってきます。

山形県が上位に来るのは工場などの安全靴でしられるミドリ安全の関連会社があるためです。


ゴム製品製造業のさかんな都道府県2017

ゴム製品ランキング

ゴム製品の主力といえば、自動車などに使われるタイヤです。それ以外にコンベアーのベルトなどにも使われています。

自動車関連となるとやはり愛知県が強いです。福岡県といえば、ブリジストン創業の地である久留米市が思い浮かびますが、以前紹介したように久留米の地位は相対的に下がっています。

意外なのが3位の三重県です。最上位にはいないものの、松阪市・津市・鈴鹿市といった中堅都市が一定の生産をあげ総合で3位に入ってきました。よく考えれば、鈴鹿サーキットがあってHONDAのおひざ元なんですよね。


スポンサーリンク