2018-11

統計

ねぎの収穫量が多い市町村ベスト20

今回はねぎの出荷額が多い市町村ベスト20です。ねぎは連作障害がでにくく、種まきができる期間が長いため年中食べることができる作物です。ちなみに、葉鞘(ねぎの白い部分)を食べる根深ねぎと、緑色の葉の部分まで食べる葉ねぎ(万能ねぎ)にわけることが...
2019.02.28
教材

中学入試用歴史人物漢字テストプリント

中学入試に出題される歴史上の人物を漢字で書けるかどうか確認するテストを作成しました。 1.邪馬台国の女王、ひみこ。 といったように、純粋に漢字で書けるかどうかだけを確認するテストです。文字通り漢字テスト。実に100名完全網羅してあります...
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「4年下第12回 畑でつくられるもの~日本の農業(2)~」

今回は、畑でつくる作物のうち米以外の穀物、いも類、工芸作物です。 穀物という子どもたちに聞きなれない言葉が登場します。穀物は米や麦など主食となる植物を指します。とうもろこしや豆などが主食になる国もあるというと意外がられます。炭水化物という...
2020.06.11
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「4年下第14回 肉や牛乳をつくる~日本の農業(4)」

この単元では畜産について学習します。 授業では、まず牛といっても肉牛と乳牛の2種類がいることを教えなくてはいけません。テストで「牛」とだけ書くと不正解になるので注意しましょう。この単元で覚えるべきことは 1位 2位 3位 乳牛 ...
2020.06.11
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「5年下第13回 明治時代(1)」

歴史の学習もついに近代に入りました。 歴史の授業をするときに気を付けなければならないことの1つに、江戸時代までと明治時代以降では授業の視点を変えなければならないということがあります。どういうことかというと、江戸時代までは政治の流れを説明する...
2020.06.18
時事問題

大阪万博(2回目)

2025年の万博(万国博覧会)が大阪で決まりましたね。最近の東京オリンピックに関するごたごたを見ていると、無条件で喜べないところはあるのですが楽しみではあります。 さて、日本で開催された万博といえば1970年大阪万博です。太陽の塔などが有...
時事問題

中学生定期テスト時事問題対策 2018/11/24

中学生の社会科定期テストの時事問題の予想です。予想される出題頻度は◎<○<△<-の順です。 基本方針時事問題を出題する本来の意図は、生徒に世の中の動きに関心を持ってもらうことです。そして、中学生の定期テスト社会科において最も重要な学習内容...
2020.06.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「与謝蕪村」

江戸時代後期の化政文化を代表する俳人の1人が与謝蕪村です。与謝蕪村の作風は写実的なことで知られ、画家としても高い評価を受けています。 小林一茶も同様ですが、社会よりも国語で登場する人物ですね。社会では問題として作りにくいです。 ...
2018.11.26
未分類

入試に出る歴史上の人物 「ワット」

イギリスの発明家で蒸気機関の改良に成功した人物がワットです。蒸気機関の存在は産業革命に大きな影響を与えました。 時代:18世紀後半(日本でいえば江戸中期)
未分類

重要な出来事が2つ以上ある年号

歴史といえば年号を語呂合わせで覚えるイメージがあると思います。ただ、私としては年号をあまり覚えさせるのは好きではありません。実際に入試で年号そのものが出題される機会は少ないです。また、年代の古い順に並べ替える問題でも、全ての年号を覚えていな...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました