「 taiyo 」一覧

入試は採点競技

「ウルトラC」という言葉がありました。

ウルトラCとは1964年に開催された東京オリンピックで生まれた言葉で、本来は体操の日本男子チームが生み出した難易度C以上の技のことをいう(2009年現在、A~Gまでの難度が設定されており、体操でウルトラCという表現は使わない)。これが流行語となり、大逆転技、奇策、さらに物凄いといった意味で用いられる。(日本語俗語辞典

私が子どもの頃は、まだ使っていたように思いますが、体操競技の最高難度がHとかIになった現代では死語です。かつてのC難度は今や、ジュニアでも当たり前に繰り出される技です。

でも、C難度って改めて見るとこんなのです。
後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り
いわゆるムーンサルト、ツカハラCです。いや、できないですよね。体操をやっていない人間にとっては、C難度でも(当たり前ですが)人間業じゃないです。かつては、新技だったものが、当たり前になっていく様に人間の進歩を感じます。

前振りが長くなりましたが、受験もそういったところがありますね。10年・20年前の問題を見ると「あれ、この学校こんなに簡単だっけ?」と思うことがままあります。上位校では、昨年出題された問題は塾で対策をされることを前提に問題を作成します。塾は、それを踏まえて準備をします。そのため、難度が年々上がっているんですね。単純に覚えることが増えてだけではありません。思考力であったり、資料の読み取りであったり、複数の知識を問う問題であったりと手を変え品を変え受験生に「見たことのない問題」が繰り出されます。

結果として、中堅以下の学校と上位校の問題レベルの差は昔と比べて広がっています。受験の高難易度化に対応している学校は一部で、中位以下の子供にとっては、基本問題でも難しいことに変わりはないです。

最難関を目指す受験生はアスリートであるという認識をぜひ持っていただきたく思います。


定期テスト時事問題予想 2019/6/5

中学生の社会科定期テストの時事問題の予想です。予想される出題頻度は◎<○<△<-の順です。

基本方針時事問題を出題する本来の意図は、生徒に世の中の動きに関心を持ってもらうことです。そして、中学生の定期テスト社会科において最も重要な学習内容は、教科書の出題範囲です。時事問題からの出題は数問で、あくまでおまけでしかありません。時事問題の勉強として何十項目と覚える時間があれば、もっと他に行うべき勉強があるはずです。ここでは「最小限の手間である程度の成果」をテーマに更新を行っていきます。

各国主要人物
現在の日本の首相を答えなさい。 安倍晋三
現在のアメリカの大統領であるトランプ大統領が所属する政党を答えなさい。 共和党
現在のイギリスの首相を答えなさい。 メイ
現在のドイツの首相を答えなさい。 メルケル
現在のフランスの大統領を答えなさい。 マクロン
現在のロシアの大統領を答えなさい。 プーチン
現在の中国の国家主席を答えなさい。 習近平
現在の韓国の大統領を答えなさい。 文在寅
(ムン・ジェイン)
現在の北朝鮮の最高指導者を答えなさい。 金正恩
(キム・ジョンウン)
現在の国連事務総長を答えなさい。 グテレス
4月の主要な出来事
新元号である「令和」の典拠となった日本最古の歌集を答えなさい。 万葉集
2024年に変更になる新しい紙幣(一万円札、五千円札、千円札)につかわれる肖像画の人物をそれぞれ答えなさい。 一万円札:渋沢栄一
五千円札:津田梅子
千円札:北里柴三郎
フランス・パリにある世界遺産で4月に大規模な火災が起きた建物を答えなさい。 ノートルダム大聖堂
天皇を退位された方に新たにつけられる称号を何というか答えなさい。 上皇
国際的な研究チームによって初めて直接撮影に成功した宇宙の天体活動を答えなさい。 ブラックホール
5月の主要な出来事
輸入品にかかる税金を何というか答えなさい。 関税
大阪府堺市にある日本最大の古墳を天皇の名前で答えなさい。 仁徳天皇陵古墳

5月の時事問題になりそうなニュースが全くなかったため、米中貿易摩擦から関税、不本意ですが百舌鳥・古市古墳群から仁徳天皇陵古墳を追加しました。



中学入試プレイバック2019 「サレジオ学院中学」

だいぶ昔の社会科知識の中に「静岡県蒲原町(現静岡市)には日本唯一のアルミニウム精錬工場がある」というものがありました。蒲原の工場は水力発電を自前で行っていたため、他の工場と比べて電気代が上がっても、工場の稼働ができるという事情も取り上げられていたと思います。そんな、蒲原での生産も終わり、若干懐かしい知識を問う問題が出題されました。

この問題のポイントは問題文にある「石油危機以降」という文言です。アルミニウム精錬には多くの電気が必要、石油危機で燃料費が高騰したという知識はそれぞれ学習しています。これを踏まえると、答えがウと導き出せます。

他の解答ですが、アはボーキサイトの鉱山が国内にはそもそもないです。イのTPPは2010年代になって始まったことですから、石油危機(1973年)ごろの出来事とは関係がない。エが迷うところですが、ほとんどの受験生にとって「アルミニウムの消費量」は知識として持っていません。こういった正誤問題では確証がない選択肢は選ばないのは鉄則です。

答:ウ


中学入試プレイバック2019 「攻玉社中学」

2022年から成人年齢が18歳に引き下げられるというニュースは、今現在12歳の受験生にとってクリティカルなニュースです。2020,2021年の入試でも出題される可能性は高いです。

この問題で聞かれることは、ほぼ1つ。「飲酒・喫煙可能は20歳のまま」です。これは、問題として多少陳腐化しても、受験生に知っておいてもらいたいことなので、引き続き出題されるでしょう。

ちなみに、施行が実は2021年だとか、パスポートの有効が実は7年だったとか、そういうマニアック(受験生の元々の知識にない)な誤りを問う問題は、きちんとした入試問題ではまず出題されません。

答:イ


入試に出る川 「大井川」


静岡県中央部を流れている川が大井川です。入試では、静岡県の東から富士川→大井川→天竜川と流れる順番を問う問題が出題されます。

歴史で、江戸時代に江戸を守るため大きな川に橋をかけなかった具体例として大井川が登場します。「箱根八里は馬でも超すが越すに越されぬ大井川」という唄が有名です。

読み:大井川
流域:静岡県



入試に出る川 「筑後川」



福岡県・佐賀県の筑紫平野から有明海に流れる川が筑後川です。筑紫平野は九州を代表する稲作地帯で、


筑後川は日本を代表する暴れ川の1つで「筑紫次郎」と呼ばれます。筑後川流域では水運が発達し、水路が張り巡らされました。この水路をクリークといいます。クリークから筑後川を導き出す問題は入試の定番です。

読み:ちくごがわ
流域:熊本県・大分県・佐賀県・福岡県



入試に出る川 「石狩川」


北海道中央から東へ流れ、日本海へそそぐ川が石狩川です。日本では信濃川、利根川につぐ長さです。下流には稲作地帯で知られる石狩平野が広がっています。名前の由来はアイヌ語「イ・シカラ・ペツ」(アイヌ語で非常に曲がりくねった川の意、諸説あり)です。


上流には旭山動物園で知られる旭川市があり、稲作の盛んな上川盆地が広がっています。


かつては、泥炭地で農業には向かない土地でしたが、客土により日本有数の稲作地帯になりました。語源が示す通り、かつては複雑に蛇行する川で洪水も多く、川沿いには多くの三日月湖が残されています。

読み:いしかりがわ
流域:北海道


スポンサーリンク