「 taiyo 」一覧

ラグビーワールドカップ2019に出場する国と地域 その1

9/20~11/2のスケジュールでラグビーワールドカップが日本で開催されます。以前、サッカーワールドカップのときに、出場国で入試に出題される内容を紹介したことがありました。今回はラグビー編です。まずは、日本も含まれるプール1から。

アイルランド

アイルランドはヨーロッパの島国です。EU加盟国で、イギリスと一部国境を接していてかつては領土をめぐる対立がありました。イギリスのEU離脱に関して、アイルランドの国境問題は1つの重要な要素になっています。なお、ラグビーではイギリス領である北アイルランドもアイルランドチームとして所属しています。
入試で出題される要素はほとんどありませんが、アイルランド音楽は現在のポップスに大きな影響を与えており、実は生活に身近な国です。

スコットランド

イギリスは正式には「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。そのグレートブリテンもイングランド・スコットランド・ウェールズに分けることができます。ラグビーの葉小国であるイギリスはサッカー同様、国単位ではなく地域単位でワールドカップに参加しています。
スコットランドはイギリス北部の地域で、長年独立に関する意見対立があり、独立に関する住民投票も実施されたことがあります。

ロシア

いうまでもなく面積が世界最大の国です。人口も1億人以上あり、上位に入ります。首都はモスクワで現在の大統領はプーチン氏です。地形ではアジアとヨーロッパの境界にあたるウラル山脈があり、古期造山帯の代表格として意外と出題されます。現在のロシアは産油国として知られ、BRICSの1つです。
歴史的な日本のつながりは江戸時代後期に根室に来航し通商を求めたラクスマンに始まります。明治初期には、樺太千島交換条約を結び領土を確定させました。明治後半に朝鮮半島をめぐり対立し、日本に三国干渉を行いました。1904年に日露戦争が行われ、翌年ポーツマス条約を結びました。第1次世界大戦中の1917年にレーニンの指導の下、ロシア革命がおき世界初の社会主義国であるソビエト社会主義共和国連邦が成立します。日本は社会主義の伸張を抑えるべくシベリア出兵を行いました。計画経済をとっていたため世界恐慌の影響を受けなかったソ連はドイツと不可侵条約を結びますが、後にドイツがそれを破って交戦となります。日本とは、1941年日ソ中立条約を結びました。しかし、終戦直前にソ連側から一方的破棄され満州・南樺太に侵攻されます。
ソ連は戦後成立した国際連合の安全保障理事会では常任理事国となりました。1951年サンフランシスコの講和会議に参加していますが、ロシアは内容に不満だったため調印していません。1956年に日ソ共同宣言を行い、日本は国際連合に加盟できるようになりました。ただし、現在でも北方領土の問題は解決しておりません。アメリカとの政治上の対立である冷戦は1989年に終結しましたが、1991年ソ連は解体され、ロシアなど15か国に分離しました。

サモワ

オセアニアにある島国です。オセアニアの中ではポリネシアに含まれます。人口は20万人に満たない小さな国です。


入試に出る都道府県 「福岡県」


・地図中Aは県庁所在地の福岡市。九州で最も人口の多い政令指定都市。山陽新幹線の終点で、九州新幹線の始点である博多駅がある。

・地図中Bは政令指定都市である鉄鋼業が盛んな北九州市。1901年に八幡製鉄所がつくられ、北九州工業地帯(地域)のもととなる。八幡製鉄所は世界遺産「明治日本の産業革命遺跡」にも登録されている。


・福岡県は立地的に中国・朝鮮半島に近く、観光・ビジネスで多くの人が訪れる。


福岡県は関門海峡を通じて本州とつながっている。
・飛鳥時代に、大陸に対する防衛の拠点として大宰府がつくられた。


・かつては筑豊炭田など多くの炭田があり、八幡製鉄所などの鉄鋼施設で使われた。
・福岡県は「あまおう」に代表されるいちごの産地として知られている。


・地図中Dは志賀島(しかのしま)。1世紀に中国から贈られた金印(「漢委奴国王」と刻まれたもの)が見つかった。


・地図中Cは久留米市。伝統的工芸品の久留米がすりが有名で、ゴム工業も盛ん。九州新幹線は博多駅を出発した後、佐賀県に入り再び福岡県に戻ってくる。新幹線の中で一度出た都道府県に戻ってくるのはここだけ。この時、通過するのが久留米駅である。


・現在の福岡県では自動車会社の工場がつくられ生産が盛ん。
・地図中Dは沖ノ島です。大陸との航海安全を祈った古代からの遺跡などが「宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界遺産に登録されている。

面積:約4986㎢
人口:約510万人(2019年)


隙間時間をいかに使うか。

受験生にとって限りある時間をどう使うかは重要なテーマです。今回は隙間時間に何を勉強すべきか、また、すべきでは無いかです。

ここでいう隙間時間とは、電車などでの移動時間、授業と授業との間の休憩時間を指します。ちなみに、学校・塾などで時間を指定されて演習する際、早く終わってしまい余った時間もこれに含まれます。問題演習が終わって、ボーッと時間が過ぎるのを待つのはあまりにもったいないです。

まず、隙間時間に何を勉強するかは、あらかじめ決めておくことが大切です。時間が空いたから何をしようでは決めた頃に隙間時間が終わります。内容は、英単語でも漢字でも計算でも何でもいいですが、細かく時間が区切れるものがいいですね。

逆に隙間時間でやっていけない勉強があります。それは、志望校の入試問題と英語・国語の長文問題です。まず、入試問題は時間を測って、その時間内に解く感覚をつかむことが重要です。決して細切れにやってはいけない勉強です。2周目、3周目のやり直し演習なら、まだいいかもしれませんが、それでも隙間時間に勉強すべきではありません。長文問題は単純に隙間時間に解ききれない可能性が高いからです。こんなこと、当たり前だと思うかもしれませんが、生徒の隙間時間の様子を見ていると普通に入試問題を解こうとするのを毎年に見るので、あえて指摘しておきました。

隙間時間の勉強は、その生徒の受験への姿勢がかいま見えるので、毎年意識して指導するようにしています。


入試に出る法律 「普通選挙法」


1925年、満25歳以上のすべての男子に選挙権を与えることを定めた法律が普通選挙法です。女性参政権は1945年なので注意が必要です。
同時期に、社会主義活動を取り締まる治安維持法が制定されたのは入試の定番です。


この法律が制定されたときの内閣総理大臣は加藤高明です。


これにより選挙権を持つ国民は人口の2割になりました。それまでの約4倍、1890年の最初の衆議院選挙と比較すると約20倍になります。テストでは数値の暗記より表の読み取りで出題されることも多いです。

読み:ふつうせんきょほう



「入試に出る川」一覧を作成しました。

これまでコツコツ更新してきた「入試に出る川」シリーズが一通り完了したので、一覧を作成しました。上のコンテンツ一覧から見ることができます。

こういう一覧を作成すると、作成し忘れが見つかったりするものです。まさか、三大急流の1つで入試でも頻出の富士川を作り忘れているとは…慌てて更新しました。

今後の更新ですが、「入試に出る歴史上の人物」のバージョンアップを予定しています。具体的には重要度の表示をS~Dランクの方式に変更することと、人物ごとの時代区分を表でわかりやすくすることです。実は卑弥呼は更新済みなので、ぜひご確認ください。


入試に出る川 「ラプラタ川」


南アメリカ大陸南部のアルゼンチン・ウルグアイを流れる川がラプラタ川です。流域に広がる草原をパンパといいます。

パンパは高校受験ランクAの出題頻度のため、それに合わせて出題されることがある川です。

流域:アルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイなど




入試に出る川 「アマゾン川」


ブラジルを流れる流域面積が世界一の川がアマゾン川です。アマゾン川河口を赤道が通るというのは入試の定番知識の1つです。


アマゾン川流域の熱帯雨林をセルバといいます。最近では、開発により熱帯雨林の減少が問題になっています。熱帯雨林は光合成により、大量の二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。その影響は大きいです。

流域:ブラジル・ペルーなど


スポンサーリンク