taiyo

未分類

入試に出る歴史上の人物 「本居宣長」

仏教や儒教などが日本に伝わる前から日本人が持っていた考え方を学ぶ学問が国学です。国学を代表する人物で古事記を研究した「古事記伝」を書いたのが本居宣長です。 高校日本史では国学者は賀茂真淵などほかにも重要人物がいますが、中高受験にお...
2017.10.25
入試問題

中学入試プレイバック2017 「駒場東邦中」

問 茨城県・埼玉県・千葉県は農畜産物の生産がさかんです。次の表1は、これら3県での生産が多い農畜産物の生産上位を示しています。表1のa~dにあてはまる農畜産物を下のア~コから1つ選び、記号で答えなさい。(データは2013年、もしくは2014...
2017.10.25
未分類

入試に出る歴史上の人物 「伊能忠敬」

江戸時代に日本中を測量し、当時としてはきわめて正確な日本地図を作成したのが伊能忠敬です。 江戸幕府が伊能忠敬の測量を許可したり、間宮林蔵などに蝦夷地を探索させたのは外国船の来航が増え、沿岸の警備を固める必要があったからです。 ...
2017.10.25
時事問題

2017/9/13追加 定期テスト時事問題予想

二学期制の学校の前期期末テストを想定した中学生の社会科定期テストの時事問題予測です。予想される出題頻度は◎<○<△<-の順です。 9月27日に更新した最新版はこちらです。 各国主要人物 ○ 現在の日本の首相を答えなさい。 安倍...
2020.06.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「間宮林蔵」

江戸時代後半、蝦夷地を探検し樺太が島であることを確認した人物が間宮林蔵です。 ちなみに、日本では間宮海峡として知られる樺太とユーラシア大陸との間の海は、国際的にはタタール海峡といわれています。 読み:まみやりんぞう 時代:...
2017.10.25
未分類

入試に出る歴史上の人物 「近藤重蔵・最上徳内」

外国船の来航が増えた江戸時代後半、防備を固めるため土地の調査として蝦夷地の探検を行ったのが近藤重蔵と最上徳内です。 江戸時代の北海道開拓に関する中学校の教科書資料で登場する人物たちです。入試で出題されることはほぼなく中学生の定期テ...
2017.10.25
未分類

入試に出る歴史上の人物 「林子平」

江戸時代後半、相次ぐ外国船の襲来に備えるため、著書「海国兵談」で海防の必要性を解いたのが林子平です。しかし、当時の老中であった松平定信らには受け入れられず処罰されました 読み:はやししへい 時代:江戸時代後半(19世紀初め)
未分類

マニフェストはもう出ない。

政権公約(マニフェスト) 総選挙のとき、多くの政党は政権を担当したときに実施する政策やその実施方法などを明記した政権公約(マニフェスト)を発表します。(東京書籍「新しい社会公民」より) マニフェストという言葉が使われるようになったのは2...
2018.10.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「レザノフ」

1804年、長崎に来航し日本に通商を求めたロシア人がレザノフです。幕府はこの申し出を拒絶し、外国船に来航に備えるため蝦夷地の探索を推し進めました。間宮林蔵に樺太を探検させるなどしました。 レザノフが出題されるとしたら、ラクスマンに...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「ラクスマン」

1792年、漂流した日本人を連れ、また日本に通商を求めて蝦夷地の根室に来航したロシア人がラクスマン(ラックスマン)です。 当時、江戸幕府の老中を務めていたのが松平定信です。幕府はラクスマンの要求を拒否しています。外国船の来航が増え...
2017.09.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました