「 地理 」一覧

地理に関する地名・用語の解説です。

中学入試プレイバック2020 「栄光学園中学」

今回、栄光学園ではごみ問題にテーマを絞って問題を作成してきました。紹介するのはその中の1問です。

ありがちな誤答は「公害がおきた」ですね。問の中で「地域の人たちの健康を害する問題」と書かれています。ここでは、具体的にどのような害があったかを答えなくてはいけません。
「ごみから有害な物質が流れ、それを体内に取り込んだ人の健康が悪化した」という答えもありのように思いますが、これに関してはうめ立て地の施設で一定防がれていたので大きな出来事としては起きていないので誤りになります。
結果として、無難に「臭い」ということが書かれていれば正解となる問題です。

ちなみに、「清掃事業の歴史 東京ごみ処理の変遷」というウェブサイトに詳しく掲載されています。「東京ゴミ戦争」という言葉があるほどの社会問題になった出来事をまとめたものです。おそらく今回の問題のソースがこのサイトだったのではないかと推測されます。これを見ると「ハエの大量発生」とかでも正解になりそうですね。

答:うめ立て地から発生する悪臭。


中学入試プレイバック2020 「浅野中学」

なかなか手ごわい問題です。まず、「鉄道輸送人員を1としたときの航空輸送人数」というデータの意味を考える必要があります。この数値は「航空輸送人数÷鉄道輸送人数」で出されます。航空輸送人数が多くて、鉄道輸送人数が少ないとこの数値は大きくなるということです。

とりあえず、空港の数が少なく鉄道輸送人数も多くないエが富山県というのは判別させたいです。
残り3つについてですが空港の数で判別させるのは不可能です。ここで、問われているのが東京都だということに着目します。東京都といえば、世界屈指の鉄道網が発達した都市です。つまり、ウが東京都になります。つい、東京都は羽田空港があるから航空輸送が多い=イと選びたくなるんですよね。東京都は航空輸送も多いですが、鉄道輸送ははるかに多いのです。

ちなみに、アが北海道、イが鹿児島県です。鹿児島県の空港が多い理由は離島です。種子島、屋久島、奄美大島などにそれぞれ空港があります。

答:ウ


中学入試プレイバック2020 「ラ・サール中学」

アメリカ・フランス・ロシア・中国・イギリス。安全保障理事会の常任理事国であると同時に核兵器を保有している国です。この5か国以外で核兵器を保有している国として挙げられるのが、インドとこの問題の解答であるパキスタンですね。

南アジア・西アジアは入試においてなかなか重要な地域です。しっかり覚えておきたいですね。

答:イ


中学入試プレイバック2020 「開成中学」

今年の開成中、簡単でしたよね。最新の入試問題からピックアップして紹介するこの企画では、学校個々のクセや難易度には深入りしないようにしています。ただ、開成中はいつも、完全に高校日本史レベルの問題やマニアックな東京都地理の問題が出題されていたのですが、そういった問題が今年はない。きわめてオーソドックスな問題だったので、ちょっとびっくりしました。大問1・2は開成レベルの生徒だったら、ほぼ全問正解できてもおかしくない程度の問題だったように感じました。

東京都の下水道の課題についてはリンク先が詳しいです。(『東京湾が「トイレ臭い」理由は、ゲリラ豪雨のたびに未処理の汚水が東京湾に流れ込むから。』)2019年は台風15・19号などで集中豪雨の被害が関東地方は大きかったですからね。入試問題をざっと見る限り、水害の出題は多い印象です。他の学校の問題でも取り上げたいと思います。

答:下水処理場が処理できる以上の量の雨が短時間で降ったとき。


中学入試プレイバック2020 「浦和明の星中学」

2006年に博物館や老人ホームが地図記号に追加されたとき、入試問題でそれらに関する問題が多く出題されました。そのため、去年追加された「自然災害伝承碑」も入試に出ると思っていましたが、さっそく出題されましたね。おそらく、今年他の学校でも出題されるので要注意です。

2019年は台風による被害も多かったですし、もともと中学入試では災害をテーマにした問題は出題されやすいので、テーマとして復習をしておくことをお勧めします。

答:自然災害



中学入試プレイバック2020 「海陽中等教育学校」

もう、中学入試のシーズンなんですね…。最近、一年一年が早すぎます。中学入試で出題された問題をピックアップする「中学入試プレイバック」2020年版のスタートです。初回は愛知県にある全寮制の海陽中等教育学校です。

以前、「県庁所在地より人口が多い都市」という記事で取り上げました(その際、下関市が漏れておりました。大変失礼いたしました)。県庁所在地より人口が多い都市がある都道府県は、福島県(いわき市)、群馬県(高崎市)、静岡県(浜松市)、三重県(四日市市)、山口県(下関市)の5つです。この問題はリード文として三重県が題材に取り上げられており、それ以外の都道府県を選ぶ問題になっています。

判別は、アはキャベツが多いので群馬県、イは人口・工業出荷額から静岡県、ウはももから福島県、残りのエが山口県となります。この4県と分かっていれば、簡単な問題です。ただ、受験生が「県庁所在地より人口が多い都市がある都道府県」をあらかじめ把握しているかというと微妙だと思います。それを5つ覚えておくのはちょっとクイズ的すぎる気がするんですよね。個人的には、4つの都道府県をあらかじめ出しておいてそのどれかを答えさせる問題でよかったように思いました。

答: ア:群馬県 イ:静岡県 ウ:福島県 エ:山口県

 


入試に出る都道府県 「奈良県」


・世界最古の木造建築である法隆寺がある。世界文化遺産に登録されている。
・710年に平城京に都がおかれた。東大寺・金剛峯寺などが世界文化遺産に登録されている。


・県南部の紀伊山地では林業が盛んで吉野すぎが有名。


・地図中Aは県庁所在地の奈良市。中学受験では、県庁所在地の場所を活用する問題が出題されることがあり、奈良市は県の最北部にあることに注意。


・大和郡山では金魚の養殖がさかん。

中堅以上の学校では、都道府県の形からどの都道府県かをわかるようにしたいですが、内陸県はそれが難しいので少し意識して覚えたいところです。

面積:約3690㎢(2019年)
人口:約133万人(2019年)


県庁所在地より人口が多い都市

県庁所在地は、その都道府県の政治の中心です。必然的に経済の中心であることも多く、その都道府県で一番人口の多い都市であることが大半です。今回は、その例外で県庁所在地よりも人口の多い市を紹介します。

いわき市(福島県)

人口約33万人(2017年)。東北地方では2番目に人口が多い都市(1位は仙台市)です。もともと、炭田を中心に発展した工業都市でもあり、スパリゾートハワイアンズに代表される観光も盛んな都市です。
なお、郡山市も福島市より人口が多いです。

高崎市(群馬県)

人口約38万人(2017年)。北関東自動車道・関越自動車道と上越新幹線・北陸新幹線と新幹線と高速道路が分岐する北関東の交通の要衝です。中学入試で、高崎駅が聞かれることがあります。

浜松市(静岡県)

人口約81万人(2017年)社会科では楽器・オートバイの生産でおなじみです。面積が最も広い政令指定都市です(市全体では2位)。

四日市市(三重県)

人口約31万人(2017年)。石油化学工業がさかんな都市で、かつては四日市ぜんそく(四日市公害)がおきた都市として入試でもおなじみの都市です。

下関市(山口県)

人口約27万人(2017年)。関門海峡をへだてて九州に面した都市です。1185年の壇ノ浦の戦いがおきたのが、現在の下関市です。1895年に日清戦争の講和会議が行われ下関条約が結ばれました。

(初稿の段階では、下関市が抜けていました。申し訳ありません)


入試に出る都道府県 「和歌山県」


みかんの生産が日本一。段々畑が広がる。


・地図中Bは紀ノ川
・真言宗総本山の高野山金剛峰寺がある。また、三重県・奈良県にまたがる一帯が「紀伊山地(地図中C)の霊場と参詣道」が世界文化遺産。熊野古道ともよばれる。


・江戸時代、幕藩体制を指させた親藩の中でも最も格の高いとされた御三家の1つが紀州である。8代将軍徳川吉宗は紀州の出身である。


・地図中Aは県庁所在地の和歌山市。鉄鋼業が盛んである。
・和歌山県は柿・うめの生産も日本一である。


・ナショナルトラスト運動の代表例として知られる天神崎がある。

面積:4,724㎢(2019年)
人口:約92万人


スポンサーリンク