「 歴史 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「浜口雄幸」

応用
1930年にロンドン海軍軍縮条約を調印したときの内閣総理大臣が浜口雄幸です。

浜口はアメリカ・イギリスとの協調外交を目指しましたが、軍部などの反発を受けました。過激主義者から狙撃をされた浜口は退陣に追い込まれました。

読み:はまぐちおさち
時代:大正末・昭和初期(20世紀前半)



入試に出る歴史上の人物 「小林多喜二」

応用
大正時代に流行した、貧しい農民・労働者の立場から描かれた文学をプロレタリア文学といいます。その代表的な人物で「蟹工船」の作者が小林多喜二です。

2008年に「蟹工船」が再ブームになったとき、もう少し入試でも出題されるかなと思いましたが、意外と出なかったのが印象的です。漢字が間違えやすい人物なので、定期試験では注意しておきましょう。

読み:こばやしたきじ
時代:20世紀初期(大正時代)


入試に出る歴史上の人物 「張作霖」

応用
昭和の初め、中国国民政府の勢力が北京周辺に近づきました。日本の満州の支配権を固めるため、1928年関東軍により暗殺された中国の軍閥指導者が張作霖です(張作霖爆殺事件)。

結果として、日本の満州での影響力は低下し、満州事変とつながっていきました。

読み:ちょうさくりん
時代:20世紀前半(昭和初期)


入試に出る歴史上の人物 「蔣介石」

重要
中国国民党の有力者で1927年に南京に国民政府をつくり中国共産党と対立をした人物が蔣介石です。日中戦争がおきると国民政府と共産党は抗日民族統一戦線を結成し、日本に対抗しました。

第二次世界大戦後、内戦が再発し敗れた国民政府と蒋介石は台湾に逃れました。

「蔣」という字が難しいです。「蒋」という新字体では学校のテストで不正解にされることが多いイメージがあります。

読み:しょうかいせき(中国読み:チャン・チェシー)
時代:20世紀前半(昭和戦前)


入試に出る歴史上の人物 「加藤高明」

注意
1925年に治安維持法普通選挙法が制定されました。この時の内閣総理大臣が加藤高明です。加藤高明は、前年に起きた第二次護憲運動の中心人物の一人です。加藤内閣から犬養内閣まで衆議院で第1党の党首から内閣総理大臣を選ぶ時期が続き、「憲政の常道」とよばれました。

治安維持法と普通選挙法という1925年セットは入試での定番中の定番です。大正時代の政治家はどうしても原敬が優先されるので、始めて学習するときには軽くしか触れない人物ですが、重要な項目は多く入試では割と出題されるので注意が必要です。

読み:かとうたかあき
時代:20世紀前半(大正時代)


入試に出る歴史上の人物 「知里幸恵」

発展
北海道の先住民であるアイヌに伝わる歌謡や物語を日本語に訳し「アイヌ神謡集」を発表した人物が知里幸恵です。

現在の教科書ではアイヌ・蝦夷・琉球など日本の民族の多様性を重視されています。その流れの中で、コラムとして登場している人物が知里幸恵です。今後、入試でも登場すると予想します。

読み:ちりさちえ
時代:20世紀前半(大正時代)


入試に出る歴史上の人物 「ガンディー」

重要
インドを植民地とするイギリスに対し、非暴力・不服従を掲げ独立運動を行った人物がガンディーです。

ちなみに、社会科としてはガンディーでもガンジーでも正解ですが、学校の先生によっては教科書道理の表記でないと不正解にする場合があるの注意してください。

時代:20世紀前半(日本では大正時代)



入試に出る歴史上の人物 「ウィルソン」

重要
1920年に発足した国際連盟の創設に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したアメリカ大統領がウィルソンです。ただし、アメリカは議会の反対で国際連盟に参加できませんでした。

発展
ウィルソンは議会制民主主義を政治の基礎とするべきという「十四か条の平和原則」を掲げ、パリ講和会議でも主張しました。これにより東ヨーロッパでは独立をする国が認められましたが(民族自決)、敗戦国であるドイツが多額の賠償金を支払うなどウィルソンの提案は一部しか受け入れられませんでした。

時代:20世紀初期(大正時代)

 


スポンサーリンク