統計

統計

ねぎの収穫量が多い市町村ベスト20

今回はねぎの出荷額が多い市町村ベスト20です。ねぎは連作障害がでにくく、種まきができる期間が長いため年中食べることができる作物です。ちなみに、葉鞘(ねぎの白い部分)を食べる根深ねぎと、緑色の葉の部分まで食べる葉ねぎ(万能ねぎ)にわけることが...
2019.02.28
統計

ほうれんそうの収穫量が多い市町村ベスト20

今回はほうれんそうの出荷が多い市町村のランキングです。都道府県別でみると千葉県・埼玉県・群馬県と近郊農業よりの都道府県が多いですね。 ほうれんそうは葉野菜の中でも鮮度が命なので、消費地に近いところで生産される傾向が強くなるよう...
2019.02.28
統計

キャベツの収穫量の多い市町村ベスト20

都道府県単位では、愛知県と群馬県が毎年1位争いをしている農作物がキャベツです。キャベツの旬は本来冬ですが、品種改良や夏に高原で栽培することで一年中食べることができる作物になっており、厳密な意味では旬がない作物といえます。 順位...
統計

秋冬さといもの収穫量が多い市町村ベスト20

入試ではまず出題されない、さといものランキングです。日本でのさといもの栽培の歴史は古く、縄文時代から栽培されており稲の栽培よりも古い歴史を持っています。かつては、いもといえば、さといものことをさしました。 都道府県別のランキングでは千葉県...
2019.02.28
統計

はくさいの収穫量が多い市町村ベスト20

今回は冬の鍋の定番、はくさいの出荷額ベスト20です。鍋の定番ということで分かるようにはくさいの旬は冬ですが、夏でも涼しい気候を生かす高冷地農業で現在は夏でも生産されています。 はくさいの出荷量が多い市町村ベスト20 順位...
2019.02.28
統計

じゃがいもの収穫量が多い市町村ベスト20

やせた土地でも育ち、寒さにつよく、年に複数回収穫することができ炭水化物(デンプン)がとてる作物。それが、じゃがいもです。ただし、連作障害がおこりやすく輪作で育てる必要がある作物でもあります。ちなみに統計上の名称は「ばれいしょ」です。 日本...
2019.02.28
統計

にんじんの収穫量が多い市町村ベスト20

にんじんの旬はいつなのか。家庭菜園をしている父に聞いたら「春先じゃないのか」と言われ、妻に聞いたら「春、冬?」と言われました。にんじんの生産1位が北海道であることからわかるように、にんじんは涼しい気候を好みます。ただ、苗の頃は高温に耐えられ...
2019.02.28
統計

だいこんの収穫量が多い市町村ベスト20

春の七草といえば、「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」です。その中のすずじろはだいこんのことです。旧暦の春ということで、今の季節でいえば冬になり、だいこんはどちらかというと冬の食べ物になります。しかし、栽培品種...
2019.02.28
統計

大豆の収穫量の多い市町村ベスト20

今回は大豆の収穫量の多い市町村の紹介です(2017年) 順位 自治体名 生産量(t) 地形名 1 北海道 音更町 6,560 十勝平野 2 北海道 長沼町 6,540 石狩平野 ...
統計

小麦の収穫量の多い市町村ベスト20

パンなどの原料となる小麦の食料自給率は15%程度と低いですが、北海道を中心に生産が行われています。今回は小麦生産の市町村ランキングです。 小麦の収穫量の多い市町村(2017年) 順位 都道府県名 市町村名 収穫量(...
タイトルとURLをコピーしました