「 地理 」一覧

地理に関する地名・用語の解説です。

人口の多い都道府県、少ない都道府県

今回取り上げるのは都道府県別人口です。

人口推計(平成28年10月1日現在 単位:千人)

1 東京都 13,624 17 岐阜県 2,022 33 大分県 1,160
2 神奈川県 9,145 18 群馬県 1,967 34 石川県 1,151
3 大阪府 8,833 19 栃木県 1,966 35 山形県 1,113
4 愛知県 7,507 20 岡山県 1,915 36 宮崎県 1,096
5 埼玉県 7,289 21 福島県 1,901 37 富山県 1,061
6 千葉県 6,236 22 三重県 1,808 38 秋田県 1,010
7 兵庫県 5,520 23 熊本県 1,774 39 香川県 972
8 北海道 5,352 24 鹿児島県 1,637 40 和歌山県 954
9 福岡県 5,104 25 沖縄県 1,439 41 山梨県 830
10 静岡県 3,688 26 滋賀県 1,413 42 佐賀県 828
11 茨城県 2,905 27 山口県 1,394 43 福井県 782
12 広島県 2,837 28 愛媛県 1,375 44 徳島県 750
13 京都府 2,605 29 長崎県 1,367 45 高知県 721
14 宮城県 2,330 30 奈良県 1,356 46 島根県 690
15 新潟県 2,286 31 青森県 1,293 47 鳥取県 570
16 長野県 2,088 32 岩手県 1,268

都道府県別の人口の1位は当たり前ですが東京都です。以下、神奈川県・大阪府・愛知県と続きます。個人的な見解では、面積以上に上位4都府県は順位で覚えておきたいです。なぜかというと、これらの都道府県は都道府県を識別する問題での登場頻度が高く、覚えておくと便利だからです。細かい数字は覚える必要はありませんが、人口が多い都道府県は500万人程度の人口があることは知っておきたいですね。

人口の多い都道府県で意外なのが、11位茨城県でしょうか。15位までで東京都を除いて唯一政令指定都市がないのが茨城県です。人口が30万以上ある都市が1つもないにもかかわらず、10万人以上ある市が8つもあるという興味深い分散の仕方をしています。

逆に人口が少ない都道府県は100万人を切っている都道府県です。最下位の鳥取県はそれだけで問題がつくれる都道府県なので確実に覚えておきたいです。四国が愛媛県以外、人口が少ないグループに属しているのが目を引きます。ちなみに、現在38位の秋田県はかろうじて100万人台をキープしています。しかし、秋田県は人口減少率が最も高い都道府県でもあり、ここ数年のうちに100万人を切るのはほぼ確実です。

中央値は約150万人になります。もちろん、このあたりの順位は覚える必要は全くありません。


面積の広い都道府県、狭い都道府県

今回取り上げるのは、都道府県別の面積という社会科を語るうえで欠かせない基本データです。

都道府県別面積(2015年㎢)

1 北海道 83,424 17 宮崎 6,794 33 福井 4,190
2 岩手 15,275 18 島根 6,708 34 石川 4,186
3 福島 13,784 19 山形 6,652 35 徳島 4,147
4 長野 13,104 20 栃木 6,408 36 長崎 4,132
5 秋田 11,638 21 群馬 6,362 37 埼玉 3,768
6 新潟 10,364 22 山口 6,112 38 滋賀 3,767
7 岐阜 9,769 23 茨城 6,097 39 奈良 3,691
8 青森 9,646 24 三重 5,759 40 鳥取 3,507
9 鹿児島 9,043 25 愛媛 5,676 41 佐賀 2,441
10 広島 8,479 26 愛知 5,123 42 神奈川 2,416
11 兵庫 8,401 27 大分 5,100 43 沖縄 2,281
12 熊本 7,272 28 千葉 5,083 44 東京 2,106
13 静岡 7,253 29 福岡 4,854 45 富山 2,046
14 高知 7,104 30 和歌山 4,725 46 大阪 1,905
15 岡山 7,011 31 京都 4,612 47 香川 1,863
16 宮城 6,859 32 山梨 4,254

社会科で都道府県ごとのデータが表になっており、そのデータからどの都道府県かを特定させる問題は定番の1つです。面積は、当たり前ですが年度ごとの数値の変動がほとんどありません(あったら大ニュースですよね)。数値は知らなくても感覚的になんとなく面積の広い都道府県、狭い都道府県はイメージしやすいです。そのため、面積は都道府県の特定に役立つデータといえるでしょう。

とはいえ、数値だけ見たときにどれくらいが面積が広いのか、もしくは狭いのかというのは意外とわからないものです。入試では、上のようにすべての都道府県が提示されているわけではなく、いくつかピックアップされた都道府県で判別しないといけません。

まず、上位から。北海道は別格として、面積の広い都道府県は10,000㎢以上と理解しておきましょう。岩手・福島・長野・秋田・新潟というメンバーも知っておきたいです。この中での、順位はそれほど重要視しません。入試はクイズではないので、都道府県の面積順位を暗記していないと解けない問題は出題されません。それが分かっていなくても他で判別できる要素があるはずなので、おおよその絞り込みができれば十分です。

逆に下位に目を向けると、面積が一番狭い香川を筆頭に面積の狭い都道府県は2,000㎢程度であることが分かります。なんとなく面積が狭そうな沖縄より東京・富山・大阪が狭いというのはポイントです。沖縄はたくさん島があるので合計するとそれなりの面積になるのです。

最後に、普通の都道府県がどれくらいか。上のデータを見ると、ちょうど真ん中の24位が三重県です。約5,000㎢が都道府県の面積の標準と覚えておくといいでしょう。

まとめるとこうなります。
都道府県の面積が広い⇒10,000㎢以上
都道府県の面積が狭い⇒2,000㎢程度
標準的な都道府県⇒5,000㎢前後


市町村別農業産出額が多い都市

市町村別農業産出額ランキング(2015年)

都市名 都道府県 生産額(千万円)
1位 田原市 愛知県 8,204
2位 鉾田市 茨城県 7,203
3位 都城市 宮崎県 7,197
4位 新潟市 新潟県 5,721
5位 別海町 北海道 5,706

トラクター今回は市町村別の農業産出額ランキングを紹介します。
全国1位の愛知県田原市は渥美半島のほぼ全域を占める都市です。渥美半島は電灯をあてることで出荷時期を調整する電照菊で有名な地域です。また、愛知県はキャベツの生産が全国有数で、田原市はその生産拠点となっています。

茨城県鉾田市はメロンの栽培が日本一で知られる街です。ただ、ランキング2位となっている要因は、いも類・野菜でともに市町村別のランキング1位です。全国的には鹿児島が1位のかんしょ(さつまいも)と、北海道が1位のばれいしょ(じゃがいも)の生産がともに盛んなところが近郊農業のさかんな茨城県の本領発揮といったところです。

宮崎県で農業というとピーマンなどの促成栽培が最初に思い浮かびますが、宮崎県都城市は畜産が盛んな街です。肉用牛1位、豚1位、ブロイラー3位と畜産王国であることが分かります。

新潟市はイメージ通り米の生産が全国1位です。北海道の別海町はそもそも耕地面積が約60000haと全国1位です。そして、その広い高知の大半を乳用牛の飼育にあてている酪農王国です。


「い」

和風住宅ブログの更新ネタを探すため官公庁の統計資料を見ていたら、農林水産省で不思議というか一瞬意味が分からない統計資料を見つけました。

平成29年産「い」の作付面積

「い」!?ってなんだ。と思っていましたが、そのあとに「収穫量及び畳表生産量」と書いてあったのでい草だと気が付きました。い草とは畳表の材料となる草で、古くから米の収穫を終えた水田の裏作として栽培されてきました。本来の読み方は「藺(い)」なんですね。そんな「い」の統計データはこちらです。

都道府県名 収穫量
(H29)
1位 熊本県 8,410
2位 福岡県 123

これだけです。もともと、い草はその大半を熊本県で栽培されているのは社会科の常識でしたが、福岡県でい草農家は10戸です。同じデータで平成19年は39戸あったので実に7割以上が廃業したことになります。全体で見ても収穫高は10年前の約半分になっており、安い外国産に押されているのが分かります。

熊本県のい草の歴史は古く、約500年前から栽培が始まったそうです。い草の生産量が落ちたこともあり、い草そのものの出題は減少傾向にあります。それでも、都道府県を判別する問題で熊本県を判別するキーワードとして覚えておきたいですね。


繊維工業の盛んな都市

繊維工業が盛んな都市(平成26年工業統計表)工場

都市名 都道府県 出荷額
1位 倉敷市 岡山県 121,521
2位 岡崎市 愛知県 90,859
3位 一宮市 愛知県 76,790
4位 福井市 福井県 69,808
5位 能美市 石川県 55,317

今回は繊維工業を取りあげます。
まず、勘違いしやすいこととして化学繊維について説明します。化学とついているので化学工業と分類しやすいです。原油から成分を生成する過程は化学工業ですが、そこからポリエステル繊維などをつくる作業は繊維工業になります。

鉄鋼、化学で上位に顔を出した倉敷市がまた登場しました。倉敷市の中でも繊維業が盛んな地域は児島地区です。学生服やユニフォームの生産が盛んで、国産ジーンズ発祥の地として知られています。本州四国連絡橋のうち瀬戸大橋を正式には児島・坂出ルートといいますが、その児島が倉敷市の児島地区です。児島は干拓地としても有名ですね。

岡崎市のある三河地方は室町・安土桃山時代から木綿の栽培が盛んで、江戸時代には商品作物として重宝されてきました。同じ愛知県でも一宮市は毛織物の生産がさかんです。

福井市は「羽二重」といわれる絹織物が盛んなことで知られています。同じ繊維工業でも原料によって化学繊維、毛織物、綿織物、絹織物と分類されるのが興味深いですね。


食料品製造業の盛んな都市

食料品製造業出荷額の多い都市(平成26年工業統計表)

都市名 都道府県 出荷額
1位 神戸市 兵庫県 628,843
2位 横浜市 神奈川県 545,841
3位 千葉市 千葉県 299,696
4位 名古屋市 愛知県 278,665
5位 新潟市 新潟県 251,778

工場食料品製造業とは缶詰、ハムやソーセージなどの肉製品、調味料、パン、冷凍食品など食料品全般の製造を行っている工場を指します。

はっきりいって意外過ぎる結果が並びました。都道府県別でみると、食料品工業の出荷額が一番多いのは北海道なのですが、生産地が分散しているため今回のランキングでは登場しませんでした。

ただ、意外ではありますが納得はできるランキングです。食料品は生ものが多くほかの産業と比べて新鮮が求められます。当然、人口が多い大都市の近くに工場を作りすぐ輸送できる体制を整えたほうが有利です。また、日本は世界有数の食糧輸入国であり、大きな貿易港のある都市に工場をつくるのは合理的です。

なお、神戸市といえば灘の清酒が思い浮かびますが、産業分類でいうと「飲料・たばこ・飼料製造業」という別のデータになるので、このデータには含まれていません。


輸送用機械器具製造業(自動車など)がさかんな都市

輸送用機械器具製造業出荷額ランキング(平成26年工業統計表)

都市名 都道府県 出荷額(百万円)
1位 豊田市 愛知県 12,177,528
2位 田原市 愛知県 1,968,245
3位 太田市 群馬県 1,910,359
4位 広島市 広島県 1,484,135
5位 湖西市 静岡県 1,113,321

プリウス輸送用機械器具とは人や物を運ぶのに使う機械、つまり自動車のことです。自動車は金属・機械・化学など様々なジャンルの技術が求められる総合力の問われる工業製品で、もちろん日本にとって基幹産業の1つです。

特定の企業を中心に都市が成立している街のことを企業城下町といいます。日本を代表する企業城下町が豊田市です。いうまでもなく自動車メーカー・トヨタのおひざ元です。豊田市にあるからトヨタではなく、トヨタがあるから豊田市(もともとは挙母町という名前だった)になったという根っからの企業城下町といえるでしょう。
2位の田原市もトヨタの工場がある都市で渥美半島にあります。渥美半島は電照菊で知られ、全国屈指の農業生産額が多い都市でもあります。

3位太田市はスバル、4位広島市はマツダのおひざ元です。5位湖西市は静岡県の都市で浜名湖の西にあるからこの名前がついています。湖西市は軽自動車のスズキの工場がある都市です。


石油製品製造業が盛んな都市

石油製品・石炭製品製造業出荷額ランキング(平成26年工業統計表)

都市名 都道府県 出荷額(百万円)
1位 市原市 千葉県 2,878,972
2位 倉敷市 岡山県 1,672,000
3位 川崎市 神奈川県 1,528,874
4位 横浜市 神奈川県 1,500,004
5位 堺市 大阪府 1,159,310

化学工業出荷額ランキング(平成26年工業統計表)

都市名 都道府県 出荷額(百万円)
1位 市原市 千葉県 1,650,062
2位 川崎市 神奈川県 1,103,593
3位 四日市市 三重県 1,017,886
4位 神栖市 茨城県 1,009,663
5位 倉敷市 岡山県 943,182

工場工業は大きく重化学工業と軽工業の2つに分けることができます。重化学工業は、機械工業・金属工業・化学工業の3つに分けられます。今回取り上げるのは、化学工業です。化学工業というのは石油などを原料にプラスチックや薬品をつくる工業のことで、社会科で中心になるのは石油化学工業です。

今回取り上げたランキングのうち、上の「石油製品・石炭製品製造業」は輸入した原油を、ガソリンや化学工業の原料となるナフサなどに分離する石油精製工業が中心です。
下の化学工業はナフサからプラスチックなどをつくる有機化学工業以外にも石けんや医薬品・化粧品などそれ以外の化学工業が含まれています。

ランキングをあたらめてみると市原市の強さが際立ちます。ちなみに、市原市は市町村別工業製品出荷額全体で豊田市(愛知県)についで第2位です。鉄鋼業などでは、都市ごとに”この企業の工場がある”と特定しやすかったのですが、石油化学工業ではその特定が難しいです。市原市でみると化学工業の企業だけで東レ・三井化学・住友化学などとたくさんあり、1つに絞れないんですね。他の工業と比べても石油精製には大規模な施設(石油化学コンビナート)が必要になるため、事業として行われるのが特定の市町村に限られるものと思われます。

石油化学工業と鉄鋼業が両方さかんな都市として登場するのが、川崎市倉敷市です。特に、倉敷の水島地区の石油化学コンビナートは入試の定番といえるでしょう。鉄鋼業・石油化学工業両方でランキング上位にいます。
ランキングには登場していませんが、大分市も石油化学工業・鉄鋼業両方がさかんな都市として覚えるとよいでしょう。


鉄鋼業が盛んな都市

鉄鋼業が盛んな都市(平成26年「工業統計表」)

都市名 都道府県 出荷額(万円)
1位 東海市 愛知県 1,152,100
2位 倉敷市 岡山県 994,986
3位 福山市 広島県 979,619
4位 北九州市 福岡県 792,789
5位 君津市 千葉県 773,209

工場鉄鋼はかつては「産業のコメ」とよばれ、現在でも工業において欠かせない資源です。鉄の生産が多い地域=工業がさかんな地域といっても過言ではないでしょう。

ランキング1位の東海市は愛知県の知多半島の付け根に位置する都市です。新日鐵住金の工場があることで知られています。新日鐵の工場という点では、君津市・北九州市も同様です。現在の北九州市に1901年から操業を開始した八幡製鉄所は新日鐵住金の前身の1つです。倉敷市・福山市はJFEスチールの工場があります。

ちなみに、今回ランキングに登場した全ての都市は、中学受験でよく使われるテキスト「予習シリーズ」で鉄鋼業が盛んな都市として登場しています。ちなみに他に鉄鋼業が盛んな都市として紹介されているのは、室蘭市(北海道)、川崎市(神奈川県)、鹿嶋市(茨城県)、千葉市(千葉県)、姫路市・神戸市(兵庫県)、呉市(広島県)、北九州市(福岡県)、大分市(大分県)とたくさんあります。
ランキングを見ていると、どの都市もある程度上位に来ていました。鉄鋼業を行うには大規模な施設が必要で、一度整備したら長い期間使われ続けるため、テキストの記載内容と現在のデータが一致したものと思われます。


ゴム製品製造業が盛んな都市

ゴム製品製造業が盛んな都市(2014年「工業統計表」)

都市名 都道府県 出荷額(万円)
1位 白河市 福島県 130,326
2位 朝倉市 福岡県 123,698
3位 小牧市 愛知県 113,825
4位 新城市 愛知県 102,201
5位 下関市 山口県 100,888

タイヤゴムといえば社会科ではブリジストン創業の地である福岡県久留米市のイメージです。現在、久留米市のゴム生産出荷額は約70,000万円で2014年で9位でした。ブリジストンは工場の多角化が進んでおり国内だけではなく海外にも拠点を広げています。ランキングの朝倉市・下関市はブリジストンの工場がある都市で相対的に久留米の比重が低下していることがうかがえます。起点となった都市から、その周囲の都市へと工業の中心が移っていくことはよくあることです。
社会科的に久留米というと九州新幹線の駅のある都市として登場しますね。九州新幹線は福岡県の博多駅を起点に佐賀県・熊本県・鹿児島県の順に通り鹿児島中央駅に到着します。福岡県を出た後佐賀県に一度入った後に福岡県に戻るルートを通っています。福岡県に戻って到着するのが久留米駅で、新幹線で一度県外に出たものが戻ってくるルートはここにしかないので、注意が必要です。

ランキングの白河市は住友ゴム、小牧市は住友理工、新城市は横浜ゴムの工場がある都市です。一言でゴムといっても使用方法は多岐にわたります。たとえば、住友理工という会社は自動車の内部に使われる自動車用防振ゴムの生産を行っている会社です。小牧市というと、東名高速道路と名神高速道路という、日本の中心となる道路が交わる都市ですね。