「 地理 」一覧

地理に関する地名・用語の解説です。

入試に出る川 「黄河」


中国北部を流れる大河が黄河です。古代文明の1つである中国文明の中心地として栄えました。中国文明は、昔の教科書では黄河文明と書かれることが多かったですが、現在では長江を含めた中国文明という書き方が主流です。


長江周辺では稲作が盛んなのに対し、黄河流域では小麦などの畑作が盛んです。地図でさかんな農業を区別する問題がよく出題されます。

読み:こうが


入試に出る川 「長江」


中国の華中地方を流れるアジア最長、世界でも3番目に長い川が長江です。揚子江(ようすこう)ともいいます。下流には中国最大の都市である上海があります。歴史でも中国文明が栄えた川として登場します。


畑作が盛んな黄河周辺に対し、長江周辺は稲作が盛んです。

読み:ちょうこう


入試に出る都道府県 「熊本県」


・地図中Bは阿蘇山。世界最大級のカルデラで知られる。
・高度経済成長期に四大公害病の1つである水俣病が発生した。


・地図中Cは日本三大急流の1つである球磨川。下流の八代平野はたたみ表の原料であるいぐさの栽培がさかんで、日本の生産の大半が熊本県である。


・地図中Aは県庁所在地の熊本市。政令指定都市。国宝の熊本城が有名だが、2016年の熊本地震で大きく損傷した。


・熊本県はすいかの産地として知られ、畜産も盛ん。

面積:約7409㎢
人口:約174万人(2019年)


入試に出る都道府県 「長崎県」


・地図中Aは県庁所在地である長崎市。江戸時代、オランダとの貿易の拠点である出島がおかれた。1945年8月9日に原子爆弾が投下される。造船業が盛ん。


・地図中Eは対馬。近海を対馬海流が流れる。古くから朝鮮半島との交流の拠点だった。


・地図中Cは佐世保市で造船業が盛ん。
・地図中Fは大村湾。真珠の養殖が盛ん。


・地図中Bは平戸市。南蛮貿易が栄え、1641年までオランダの商館が置かれた。
・地図中Dは雲仙岳(雲仙普賢岳・普賢岳)。1991年におきた火砕流では大きな被害が出た。
・長崎県はじゃがいもの栽培が盛んで、北海道に続く2位の生産。


・日本で最も島の数が多く、海岸線の長さは北海道に匹敵する。
・日本で唯一1つの都道府県(佐賀県)としか接していない都道府県。

古くから貿易の拠点だったこともあって、歴史も含めていろいろ出題される内容が多い都道府県です。

面積:約4130㎢
人口:約132万人(2019年)


入試に出る都道府県 「佐賀県」


・地図中Bの地域は伝統工芸品の有田焼が有名。厳密にいえば違うものだが、伊万里焼・唐津焼も社会科では有田焼と同じ扱いをすることがほとんど。
・弥生時代の大規模な環濠集落である吉野ケ里遺跡は佐賀県にある。


・干拓地として有名な有明海に面しており、のりの養殖が盛ん。


・豊臣秀吉が朝鮮侵略をするときの拠点としてつくられた名護屋城は今の佐賀県にあった。


・地図中Aは県庁所在地の佐賀市で筑後川流域にある。県の南部にあり有明海に面している。
・九州新幹線は福岡県から佐賀県に入った後、福岡県に戻るルートを通っている。

有明海・筑後川・筑紫平野といった語句は入試でも頻出です。が、これらはいくつかの県にまたがっているため、「佐賀県」として覚える項目としては1段階下がりますね。

面積:2440㎢
人口:約81万人(2019年)



入試に出る都道府県 「宮崎県」



・宮崎平野では、冬でも暖かい気候を生かした促成栽培が盛ん。茨城・高知と並んでピーマンの生産が多い。
・畜産も盛んで肉用若鶏・豚の飼育頭数は上位。


・地図中Aは県庁所在地の宮崎市。近くを大淀川が流れる。

面積:7735㎢
人口:約107万人(2019年)


入試に出る都道府県 「鹿児島県」


・県中央部を火山灰地で有名なシラス台地でしめる。
・江戸時代に栽培の始まったさつまいもの生産が1位。
・畜産が盛ん。肉牛の飼育頭数2位。豚の飼育頭数は1位。肉用若鶏の飼育頭数は宮崎県と首位争いをしている。
・地図中Eは世界遺産に登録されている屋久島。縄文すぎ(屋久すぎ)と呼ばれる原生林が有名。
・地図中Fは種子島。1549年に鉄砲伝来。宇宙ロケットの発射基地がある。


地図中Dは桜島


地図中Aは県庁所在地の鹿児島市。九州新幹線の終点である鹿児島中央駅がある。


地図中C・Dは薩摩半島・大隅半島。半島をまとめた問題で登場します。

面積:9187㎢
人口:約160万人(2019年)



入試に出る川 「メコン川」


中国からインドシナ半島を流れる東南アジア最長の川がメコン川です。世界的な稲作地帯の1つです。

昔は東南アジアを説明するときに必ず触れた川でしたが、高校受験において求められる知識の質が変わった今では、重要度はやや低下気味です。

流域:中国・カンボジア・ベトナムなど


スポンサーリンク