「 地理 」一覧

地理に関する地名・用語の解説です。

キャベツの収穫量の多い市町村ベスト20

都道府県単位では、愛知県と群馬県が毎年1位争いをしている農作物がキャベツです。キャベツの旬は本来冬ですが、品種改良や夏に高原で栽培することで一年中食べることができる作物になっており、厳密な意味では旬がない作物といえます。

順位 都道府県 市町村 季節 収穫量(t)
1 群馬県 嬬恋村 夏秋 228,700
2 愛知県 田原市 冬春 135,600
3 千葉県 銚子市 冬春 86,200
4 愛知県 豊橋市 72,800
5 神奈川県 三浦市 冬春 39,040
6 岩手県 岩手町 夏秋 16,900
7 神奈川県 横須賀市 冬春 16,250
8 長野県 南牧村 夏秋 11,600
9 兵庫県 南あわじ市 冬春 11,170
10 神奈川県 横浜市 春夏秋冬 10,710
11 群馬県 長野原町 夏秋 9,620
12 長野県 佐久市 春夏秋 8,786
13 千葉県 旭市 冬春 7,960
14 大阪府 泉佐野市 冬春 7,208
15 千葉県 野田市 冬春 6,620
16 福岡県 北九州市 冬春 6,530
17 兵庫県 神戸市 冬春 6,330
18 和歌山県 和歌山市 冬春 6,190
19 熊本県 八代市 6,080
20 長野県 小諸市 春夏秋 6,024

おそらく入試で最もでる「村」、それが高冷地農業で有名な群馬県嬬恋村です(かつては、日本で最初の原子力発電所がつくられた茨城県東海村も入試に出る村でしたが、福島の原発事故以降、東海村の出題頻度は下がっています)。農産物の生産地で特定の地方公共団体名が出てくること自体が珍しいのですが、こうやって数値でみるとそれも納得できます。浅間山のふもとにある嬬恋村は温泉やスキー場といった観光資源も豊富です。

2位の田原市は渥美半島にある市町村で、日本で最も農産物の生産額が多い市町村です。伝承菊も有名です。3位銚子市はだいこんでも上位に入ってきていました。社会科では銚子港のイメージが強いですが、近郊農業も盛んなことが分かります。

意外なのが、横浜です。横浜市は広いですし、近くには近郊農業の一大拠点・三浦半島があるのでランキングに入ってくることはそれほどおかしくないのですが、すごいのは生産時期が一年中だということです。高原野菜の季節である夏秋キャベツでも1,000tを超える生産量があるキャベツの一大拠点です。


秋冬さといもの収穫量が多い市町村ベスト200

入試ではまず出題されない、さといものランキングです。日本でのさといもの栽培の歴史は古く、縄文時代から栽培されており稲の栽培よりも古い歴史を持っています。かつては、いもといえば、さといものことをさしました。
都道府県別のランキングでは千葉県と埼玉県が生産1位を競っています。千葉・埼玉あたりが、他の都道府県も含めて1位を競う作物は多いのが、入試に出にくい理由でしょうか。

順位 都道府県 市町村 収穫量(t)
1 愛媛県 四国中央市 4,550
2 埼玉県 所沢市 3,970
3 埼玉県 狭山市 3,410
4 福井県 大野市 2,060
5 埼玉県 川越市 2,020
6 新潟県 五泉市 1,730
7 新潟県 新潟市 1,560
8 宮崎県 小林市 993
9 埼玉県 三芳町 804
10 静岡県 磐田市 697
11 大分県 豊後大野市 635
12 福井県 勝山市 592
13 埼玉県 入間市 550
14 富山県 南砺市 480
15 熊本県 西原村 408
16 埼玉県 日高市 392
17 熊本県 山都町 391
18 岩手県 北上市 382
19 岐阜県 関市 285
20 埼玉県 ふじみ野市 267

1位は、都道府県別では4,5位にいる愛媛県の四国中央市が登場しました。四国中央市は紙の製造で登場しましたね。この辺りは気候は温暖なのですが、やまじ風とよばれる吹き下ろしの強風が吹き農作物に被害が出るため、地下茎の作物の栽培が昔から多いそうです。

 

にんじんなどに比べて、地元市町村でさといもが名産という認識が強く感じられたのがウェブサイトを検索したときの印象です。


予習シリーズ社会解説 「4年下第11回 米づくり~日本の農業(1)~」

予習シリーズ4年下はこの第11回から実に6回にわたって日本の農業を取り上げます。食というのは人間の生活の根源であり、地形環境などに左右される農業は受験社会としても出題の幅を広くとれ極めて重要な単元です。
特に、今回の単元で学習する米は言うまでもなく日本の主食で、日本文化の象徴の1つといえるでしょう。それを分かってもらうために、授業で「炊く前の状態は米というけど、炊いた後はご飯という。英語では両方ともriceだけど、日本語では使い分けている。なんで使い分けるかというとその必要があるからである。さらに、ご飯という言葉が食事のことを言うように米=食事といえるほど同じものとして見られている」という話をします。

まず、米作りの盛んな地域ですが、その前に今回の単元で覚える必要はそれほど高くありませんが、米はもともと気温が高く雨が多い熱帯の植物であることは知っておきたいです。本来熱帯の植物である稲を、今や冷帯の北海道で大量に生産していることでどれだけの工夫が行われてきたかを感じることができるからです。
米作りが盛んな地域ですが、ぜひここで秋田平野・庄内平野・仙台平野・越後平野石狩平野上川盆地といった地形名を覚えたいです。第9回で触れている内容でもありますし、入試で直結する知識になります。なお、新潟県と北海道は米の生産1位・2位を争っており、時折順位が入れ替わります。ですので、どちらかが1位というよりセットで覚えてしまえばよいです。ついでに秋田県が3位(わりとこれは固定されています)も知っておきたいです。

米作りの流れといえば
育苗→田起こし→代かき→田植え→中干し→稲刈り→乾燥
という並べ替え問題です。田起こし・代かきではトラクター、稲刈りではコンバインが使われることも写真付きで確認します。ただ、ここで気を付けないといけないのは都心部を中心に田んぼをみたことがない生徒がいることです。じゃあ、なにができるかといえば困るのですが田んぼぐらい見たころあるだろうと思って授業をして違う反応をされると焦るので心構えだけはしておきたいです。まじめな話、受験で合格するには多様な知識と考え方が必要になるので、保護者の方には子どもたちにいろんなものを見せてやってほしいです。

食生活の多様化により米の消費が減っているというのは先々記述の定番になりますが、感覚的に子どもたちもわかるのでそれほど難しくはありません。

この単元でそれほど出題されることではありませんが、学習を深めるページの水田のはたらきは重要です。環境と食に関するテーマは現在の入試で頻出です。
①水をたくわえる
②洪水を防ぐ
③きれいな水を作り出す
④夏の暑さを和らげる
⑤生き物の住みかとなる
と多様な働きがあります。このあたりの1つ2つは答えられるようにしておきたいです。

棚田の再評価が進んでいる話も入試で最近見かけます。今回の単元では言葉だけ覚えておけばいいですが、「都会の人に棚田の良さを知ってもらうために田植え・稲刈り体験のイベントを開催する」といった保存への取り組みは記述問題で登場することもあります。


はくさいの出荷量が多い市町村ベスト20

今回は冬の鍋の定番、はくさいの出荷額ベスト20です。鍋の定番ということで分かるようにはくさいの旬は冬ですが、夏でも涼しい気候を生かす高冷地農業で現在は夏でも生産されています。

はくさいの出荷量が多い市町村ベスト20

順位 都道府県 市町村 季節 収穫量
1 茨城県 八千代町 秋冬春 65,400
2 長野県 南牧村 春夏 57,230
3 茨城県 結城市 秋冬春 47,730
4 長野県 川上村 春夏 41,390
5 長野県 小海町 春夏 27,760
6 茨城県 古河市 秋冬 20,200
7 茨城県 坂東市 秋冬春 18,520
8 長野県 佐久市 春夏 13,680
9 兵庫県 南あわじ市 秋冬 12,900
10 茨城県 常総市 秋冬 12,700
11 長崎県 島原市 12,300
12 鹿児島県 曽於市 秋冬 11,100
13 長野県 小諸市 春夏 10,760
14 茨城県 坂東市 秋冬 10,600
15 長野県 南相木村 春夏 8,719
16 愛知県 豊橋市 秋冬 8,480
17 茨城県 下妻市 秋冬 7,340
18 岡山県 瀬戸内市 秋冬 7,260
19 大分県 日田市 秋冬 6,190
20 群馬県 長野原町 5,920

都道府県単位でみると茨城県(都道府県別1位)と長野県(同2位)が激しく上位を争っています。今、「激しく」といいましたが、季節を見てわかるように両者では栽培時期が異なります。長野県は前述した夏に出荷が多く、茨城県では本来の旬である秋冬の出荷が中心で、いわゆる近郊農業です。

茨城県上位の八千代町・結城市・坂東市・古河市はいずれも県西部にあり、東京に出荷しやすい場所に位置します。
長野県の南牧村・川上市・小海町は、八ヶ岳ふもとの野辺山原に位置する、教科書通りの高冷地です。

野菜は新鮮さが求められるので、関東周辺に集中しつつも大分・鹿児島・岡山の西日本にも上位の都市がありますね。

 


じゃがいもの生産が多い市町村ベスト20

やせた土地でも育ち、寒さにつよく、年に複数回収穫することができ炭水化物(デンプン)がとてる作物。それが、じゃがいもです。ただし、連作障害がおこりやすく輪作で育てる必要がある作物でもあります。ちなみに統計上の名称は「ばれいしょ」です。
日本では、北海道で全国の4分の3を生産しています。

じゃがいもの収穫量の多い市町村トップ20(2016年)

順位 都道府県 市町村 収穫量(t)
1 北海道 帯広市 111,500
2 北海道 網走市 106,400
3 北海道 芽室町 95,700
4 北海道 斜里町 93,300
5 北海道 小清水町 88,300
6 北海道 清里町 86,100
7 北海道 大空町 84,300
8 北海道 幕別町 77,400
9 北海道 士幌町 73,200
10 北海道 更別村 69,100
11 北海道 北見市 68,000
12 北海道 音更町 61,800
13 北海道 美幌町 53,000
14 長崎県 雲仙市 38,500
15 北海道 倶知安町 36,200
16 北海道 鹿追町 35,000
17 北海道 中札内村 35,000
18 北海道 美瑛町 33,700
19 北海道 訓子府町 32,000
20 北海道 豊頃町 27,700

とまぁ、見ての通り北海道祭りです。ちなみに芽室(めむろ)町、音更(おとふけ)町、美幌(びほろ)町、倶知安(くっちゃん)町、鹿追(しかおい)町、中札内(なかさつない)村、美瑛(びえい)町、訓子府(くんねっぷ)町とアイヌ語を発祥とした独特の読み方をする地名が並んでいます。最も、アイヌに限らず全国に難読地名はいくらでもありますけどね。

じゃがいもといえば北海道ですが、社会科では収穫量2位長崎県も重要です。雲仙市は島原半島にある街です。名前の通り、雲仙普賢岳のふもと(北西)のありますが、1991年の噴火で大きな被害を受けたのは山の東にある島原市です。


予習シリーズ社会解説 「4年上第19回 海とともにあるくらし」

「海岸線の長さではアメリカより日本のほうが長い」

こう言われると大人でもびっくりするかもしれません。日本は海に囲まれた島国の上、出入りの複雑な海岸が多いためです。今の答えは記述問題の解答としても成立する内容ですが、子どもたちの学習意欲を高めるものの1つは、素朴な驚きですので、こういう単元は大事にしたいところです。

さらにいうと、海岸線の長さでは長崎県は北海道に匹敵する長さがあります。北方領土を除いた海岸線でいえば、長崎のほうが長いです。海岸線が長いというのは、長崎県を特定できるキーワードになるので、知っておきたいですね。

砂浜海岸の代表格として九十九里浜が取り上げられていますが、この単元のメインはリアス海岸です。テキストにでているおもな岩石海岸として、大村湾(長崎)、宇和海沿岸(愛媛県)、志摩半島(三重県)、若狭湾(福井県)の名前が出ています。ここで、覚える必要はないですが、将来的には前3つは真珠の養殖がさかんなであること、若狭湾は原子力発電所が集中していることで登場します。

三陸海岸
のようなリアス海岸が養殖に適していることはぜひ理解しておきたいです。海岸近くの海が深く、入り江は波が静かという理由は先々記述問題で登場します。
そして、潮目です。4年生の問題で記述で答える問題は出題されませんが「暖流である黒潮と寒流である親潮が交わり魚のえさとなるプランクトンがあつまり、よい漁場となる」という潮目の説明は記述問題の定番中の定番です。
それから、リアス海岸の負の側面として津波の被害が大きくなるということも触れておきたいです。入り江は波が静かなのに津波の被害は大きくなるという一見矛盾があるからです。この単元は覚える量もそれほどないので津波のメカニズムを簡単に話すようにしています。大人は三陸海岸で津波の被害とくれば「あぁ」と理解できるでしょうが、小4は違います。これまでも繰り返し言っていますが、こういうジェネレーションギャップは教える側として常に気を付けたいです。


にんじんの生産量が多い市町村ベスト20

にんじんの旬はいつなのか。家庭菜園をしている父に聞いたら「春先じゃないのか」と言われ、妻に聞いたら「春、冬?」と言われました。にんじんの生産1位が北海道であることからわかるように、にんじんは涼しい気候を好みます。ただ、苗の頃は高温に耐えられるので、夏に植えて秋に収穫するのが一番いいようです。つまり、にんじんの旬は秋から冬ということになります。

順位 都道府県名 市町村名 季節 出荷量(t)
(2016年)
1 千葉県 富里市 冬春夏 23,180
2 千葉県 八街市 冬春夏 19,280
3 北海道 斜里町 19,000
4 徳島県 板野町 春夏 18,700
5 長崎県 島原市 冬春夏 18,370
6 徳島県 藍住町 春夏 17,200
7 北海道 音更町 13,800
8 北海道 美幌町 12,900
9 愛知県 碧南市 12,600
10 北海道 幕別町 11,600
11 千葉県 山武市 冬春夏 11,420
12 茨城県 鉾田市 10,600
13 北海道 南富良野町 10,200
14 千葉県 芝山町 冬春夏 9,777
15 青森県 おいらせ町 冬春夏 9,309
16 北海道 真狩村 9,230
17 長崎県 諫早市 8,840
18 北海道 富良野市 7,270
19 青森県 三沢市 春夏 6,840
20 北海道 七飯町 春夏秋 6,671

にもかかわらず、市町村別の1・2位はともに秋にんじんではない自治体が占めてしまいました。現在の日本に旬という言葉は簡単に通じないようです。
1位の富岡市はすいかの街として有名ですが、ランキング的にはにんじんのほうが強いです。2位の八街市もらっかせいのほうが有名で、ちょっとにんじんが不遇に見えてきました。
3位の斜里町は知床にある町ですが、ここ5年ほどで急激ににんじんの生産量が倍増しており、近い将来1位に躍り出る可能性があります。

徳島県は春にんじんの産地として知られています。板野町で検索するとにんじんのピクルスが紹介されるように、春にんじんは日持ちしないもののみずみずしく生食に向くという特徴があります。


だいこんの生産が多い市町村ベスト20

春の七草といえば、「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」です。その中のすずじろはだいこんのことです。旧暦の春ということで、今の季節でいえば冬になり、だいこんはどちらかというと冬の食べ物になります。しかし、栽培品種や栽培地域を変えることで、現在では一年中食べることができます。農林水産省の統計では「春だいこん」「夏だいこん」「秋冬だいこん」と分類されます。ちなみに、秋冬だいこんは煮物に向いていますが、春だいこんは生食、夏だいこんは炒めて調理するのもよいようです。

だいこんの生産順位を都道府県単位でみると北海道・千葉・青森あたりが1位争いをしている作物です。これといった傾向があるわけではなく、それほど入試で出題されるわけではありません。
それでは、市町村単位でみてみましょう。今回は、季節ごとに分類されていた数値を合算したものを紹介します。どの季節に栽培されているかも表記しました。

順位 都道府県名 市町村名 季節 出荷量
(t,2016年)
1 神奈川県 三浦市 秋冬 68,600
2 千葉県 銚子市 春秋冬 56,400
3 長崎県 島原市 春秋冬 32,000
4 新潟県 新潟市 秋冬 24,500
5 徳島県 鳴門市 秋冬 16,300
6 千葉県 市原市 春秋冬 15,300
7 北海道 留寿都村 14,500
8 北海道 帯広市 14,200
9 鹿児島県 大崎町 秋冬 13,700
10 青森県 おいらせ町 夏秋冬 13,410
11 長崎県 雲仙市 春秋冬 11,970
12 千葉県 旭市 8,900
13 青森県 六ケ所村 8,800
14 北海道 真狩村 8,500
15 北海道 幕別町 7,930
16 青森県 三沢市 春夏 7,630
17 和歌山県 和歌山市 秋冬 7,200
18 岐阜県 郡上市 7,160
19 北海道 恵庭市 夏秋冬 6,910
20 北海道 標茶町 6,570

都道府県単位では上位にいない神奈川県の三浦市が1位でした。「三浦だいこん」とよばれる品種があるほど有名ない地域ですが、災害への強さなどを理由に現在では三浦だいこんはほとんど栽培されていないようです。
三浦市が秋冬だいこんだけで1位になっているのに対し、2位銚子市は秋冬2位、春1位と長い期間だいこんを栽培していることになります。三浦市も含めて、典型的な近郊農業の都市ですね。

夏だいこんは北海道をはじめ、涼しい地域の独壇場です。もともと、冬の作物だから当然といえば当然ですね。


予習シリーズ社会解説 「4年下第9回 山と川がうみだす地形」

日本の国土の約4分の3が山地で、その山から流れる川は短く流れが急で、流れによって削られた土砂がつもってできた地形が広がっている。

というのが、この単元の要約でしょう。この単元では、多くの地形名が登場します。この回で登場している地形の名前はどれも基本で入試においてすべて覚えきることは当然ですが、それを4年生の段階でできるかというのは全く別問題です。

北アルプス山地に関しては、環太平洋造山帯という語句は子どもたちにとって補足説明が必要でしょう。「環」という字は「とりかこむ」という意味があります。太平洋を取り囲むように広がる山地が環太平洋造山帯です。小4だと「環」はもちろん太平洋が地球の中でどれだけ広がっているかを分かっていない場合もあるので、ぜひ世界地図で確認しておきたいですね。

山地・山脈のうち日高山脈・中国山地・四国山地・讃岐山脈・越後山脈は4年生の上半期で、飛騨山脈・木曽山脈・赤石山脈の日本アルプス、紀伊山地は「ふるさとじまん」で登場しています。ここで、大切なことは覚えているかどうかではなく、過去に学習したことと今学習していることはつながりがあるという認識を持たせることです。各単元ごとに毎回全く新しいことを学習していると思っていたら、覚えられるものも覚えきれません。
山地・山脈の中でこの回で覚えたいのはまず東北地方の奥羽山脈です。そして、日本アルプスのそれぞれの位置関係です。3つ山脈が並んでいるので、場所の区別が難しいと感じるかもしれませんが、4年生のテストで出題されるときはまず間違いなく3つの山脈が表示されていて順番で答えが出せるようになっています。西からでも東からでもいいですが順番で答えられるようにしましょう。

川・平野に関しては、扇状地三角州の混同が多発するので注意しましょう。この単元では図で見ることができるので、きちんと確認しておくことが大切です。
地形で初登場なのは、北海道の石狩川、東北の北上川・仙台平野あたりです。三大急流の球磨川・富士川・最上川も改めて説明しますね。

学習を深めるページでは地震についてが説明されています。液状化現象は子どもたちはなかなか知らないので、説明が必要です。それから、津波ですね。どうしても教える側は東日本大震災の記憶が鮮明に残っているので、「知ってるでしょ」と思いがちですが、現在小4の子たちは2011年は幼稚園・保育園です。知らなくて当たり前ですので、改めて説明する必要がありますし、地震が起きたときどうすべきか防災についても少し話しておきたいところです。入試でも出題されますし、社会科を教える以上、生きる上で必要な知識を教えていきたいものです。


大豆の収穫量の多い市町村ベスト20

今回は大豆の収穫量の多い市町村の紹介です(2017年)

順位 自治体名 生産量(t) 地形名
1 北海道 音更町 6,560 十勝平野
2 北海道 長沼町 6,540 石狩平野
3 北海道 岩見沢市 5,910 石狩平野
4 北海道 士別市 5,540 上川盆地
5 佐賀県 佐賀市 4,740 筑紫平野
6 北海道 帯広市 4,400 十勝平野
7 北海道 美唄市 4,180 十勝平野
8 北海道 芽室町 3,900 十勝平野
9 北海道 剣淵町 3,280 上川盆地
10 宮城県 大崎市 2,850 仙台平野
11 宮城県 石巻市 2,790 仙台平野
12 福岡県 柳川市 2,760 筑紫平野
13 佐賀県 白石町 2,410 筑紫平野
14 宮城県 登米市 2,190 仙台平野
15 新潟県 新潟市 2,180 越後平野
16 北海道 士幌町 2,110 十勝平野
17 新潟県 長岡市 2,100 越後平野
18 岩手県 奥州市 2,080 北上盆地
19 滋賀県 東近江市 1,970 近江盆地
20 北海道 上富良野町 1,960 上川盆地

結果としては、北海道音更町が小麦に続いて1位になりました。
同じ畑作の小麦と比べると、石狩平野・上川盆地・筑紫平野・仙台平野・英語平野といった稲作地帯がランクインしているのが特徴です。これは、稲作だった土地を転作して大豆を生産するようになったところが多いためです。
数値を見ると分かるように自治体ごとの数値差は小さく毎年順位は変動します。そういう意味では入試に出しにくい作物といえるでしょう。


スポンサーリンク