「 歴史 」一覧

歴史に関する人名・用語の解説です。

予習シリーズ社会解説 「5年下第16回 大正時代」

大正という元号は1912年から1926年の15年間使われました。他の時代と比較すると短い期間ということもあり、ここ数回と比べると楽な単元です。

さて、大正時代といえば第一次世界大戦です。中学校の教科書では三国協商・三国同盟という名称がでてきますが、予習シリーズでは出てきていません。一言でいえば、日本の歴史が中心だからです。そのため、日本が日英同盟を理由にイギリス側で参戦したことと、中華民国(清から変わったことを説明しないといけません)に二十一か条の要求をつきつけたことのほうが重要視されます。

予習シリーズでは別単元になっていますが、大戦景気についてはこのタイミングで説明します。大戦中の内容はこのタイミングで話したほうがわかりやすく、テキスト通りの順番で必ず説明する必要はないです。

1917年におきたロシア革命によりソビエト社会主義共和国連邦が成立します。この単元では正式名称を覚えておく必要があります。まぁ、板書すると確実に生徒がげんなりしますね。ただ、感度のいい子は「ソ連」という聞いたことのある言葉が略称だったんだと気づいて面白そうにします。この単元は、時間があるので社会主義・共和国・連邦という言葉の意味を簡単に教えます。
社会主義…土地などを国で共有する⇔資本主義
共和国…君主がいない
連邦…国が集まってできている国
そうしたほうが長い国名を意味付けして覚えやすいですからね。
そして、シベリア出兵は米騒動のきっかけになり原敬が初の本格的政党内閣をつくったというつながりがあります。「ロシア革命→シベリア出兵→米騒動→原敬」は並び替え問題の定番です。ただ、原敬は大正デモクラシーで説明したほうがいいので、後回しですね。ちなみに、上位クラスであれば原敬が所属していた立憲政友会まで覚えたいです。

1919年ベルサイユ条約は語呂合わせで覚えやすい年号です。ベルサイユ条約の内容はそこまで深堀しなくても大丈夫です。国際連盟の成立はしっかりやっておきたいです。アメリカが不参加だったことと、本部がスイスのジュネーブ、事務次長を務めた新渡戸稲造がポイントです。新渡戸稲造は前の5,000円札の肖像画に使われていた人物ということで思ったよりも出題されます。
三・一独立運動と五・四運動は朝鮮・中国どちらで起きたかが、ごっちゃになりやすいので注意が必要です。朝鮮は日本の植民地だったので独立がつくというのが分け方です。柳寛順は女子中でたまに見かけますが、ここで触れる必要はないでしょう。

大正デモクラシー護憲運動も意外と混同しやすいです。憲法に基づいた政治(立憲政治)を求める動きが護憲運動で、女性運動や社会運動なども含んだ民主主義の実現を求める風潮が大正デモクラシーです。
1925年の普通選挙法治安維持法はセットで問題にされることも多い重要内容です。何度も言っていることですが、重要な出来事が2つある年号はそれだけで出題頻度があがります。当時の内閣総理大臣である加藤高明もそこそこ出題されます。

水平社宣言と雑誌「青鞜」の冒頭の部分は史料問題での出題がとても多いです。意外と、水平社宣言(1922年)と関東大震災(1923年)が並び替え問題で出題されるので、上位クラスでは触れておきたいですね。

明治時代もそうですが、大正時代の文化の出題はそれほど多くありません。地下鉄・バス・ラジオでほぼ大丈夫です。



予習シリーズ社会解説 「5年下第14回 明治時代(2)」

この回では、不平等条約の改正、日清・日露戦争、明治時代の産業・医学・文学の発達と3つの単元を学習します。

単元の冒頭に鹿鳴館の様子を描いた絵があります。この絵なんとなく違和感があるんですよね。その違和感の正体は浮世絵顔と洋装のアンバランスさです。この絵は、錦絵つまり浮世絵なんです。だから、浮世絵風の顔が書かれているのも当然なのですが、急速に西洋の文化を取り入れようとしている奇妙さも映し出している気がします。

明治初期の外交については、岩倉使節団と征韓論です。まず、岩倉使節団は派遣されたメンバーですね。岩倉・伊藤・木戸・大久保とほぼ明治維新のオールスターがそろっています。ちなみに、有名な写真で唯一名前が付けられてない人物は山口尚芳(ますか)といいます。
前回の授業で唐突に西郷隆盛が政府を辞めて西南戦争を起こした形になっていますが、西郷が政府を辞めた理由の1つが征韓論が受け入れられなかったことです。にもかかわらず、わずか2年後に朝鮮を武力で開国させているのは、「なんでやねん」という感じですね。

明治時代の政治・外交のテーマは不平等条約の改正でした。
1894年 陸奥宗光がイギリスとの間で領事裁判権(治外法権)の廃止を実現。
1911年 小村寿太郎がアメリカとの間で関税自主権の回復に成功。
は全て覚える必要があります。領事裁判権の廃止が1894年で日清戦争の直前に行われたというのは並べ替え問題のミソです。領事裁判権の廃止→甲午農民戦争→日清戦争という並べ替えが成立するからです。

さて、日清戦争ですがその前の甲午農民戦争も大事です。いってしまうと、日清戦争は基本すぎて入試では聞けないんですよ。きっかけとなった出来事も覚えたいです。ここで、下関条約ですが、まず子どもたちに戦争と条約はセットで覚えることを言う必要があります。私は戦争は国同士のけんかで条約で仲直りするんだけど勝ったほうがいろいろ条件を付けるという説明をします。下関条約でリアオトン半島、台湾、賠償金と多くのものを手に入れましたが「清は、朝鮮が独立国であることを認める」という内容もきちんと触れておきたいです。
リアオトン半島はロシア・フランス・ドイツの3国がリアオトンの返還を要求したという出来事ですが、テストで三国を答える問題はよく出ますね。受験近くなると口頭で子どもたちが覚えているかチェックするんですが、この質問で「イギリス」と安易に答える生徒は要注意ですね。なにしろ、イギリスは領事裁判権の廃止を最初にした国で、さらに同盟の相手として登場しますからね。この時期、ロシアの南下を抑えたい日本とイギリスの関係性が分かって入れば、三国干渉の三国にイギリスは絶対入らないです。

日露戦争といえば、与謝野晶子です。与謝野晶子の「ああ をとうとよ君を泣く~」は史料の定番です。この歌を戦争に反対する歌と紹介されることが多いですが、与謝野晶子自身は戦争を賛美する歌も残しており、反戦家というわけではありません。キリスト教徒で戦争に反対した内村鑑三、社会主義の立場から反対した幸徳秋水も触れたいところですが、時間の関係で厳しいですね。
ポーツマス条約については賠償金がなかったというのが最重要ポイントです。そもそも、アメリカに仲介を頼んだ時点で日本が純粋に勝利した戦争ではないのがポイントですね。

1895年 台湾
1905年 南樺太
1910年 朝鮮半島
と植民地を増やしていったことを地図で答えさせる問題もよくでます。韓国併合に関してはこの回ではさらっとしかやらないです。というよりもやる時間がない。予習シリーズでは伊藤博文を暗殺した安重根を太字にしていますが、韓国にとっては英雄でも日本にとってはそうではないのでその必要があるのかと思います。ただ、入試には出るんですよね、安重根。

明治時代の産業の発達については、予習シリーズに載っている明治時代の貿易の推移が全てです。1882年に綿糸を輸入していた日本が、1897年には原料である綿花を輸入し、綿糸を輸出するようになっているんです。つまり、ここで日本の加工貿易が成立し始めた分岐点なんですね。このことにはぜひ触れておきたいです。
下関条約で得た賠償金でつくられたものの1つに八幡製鉄所があります。八幡製鉄所は地理の北九州工業地帯で登場してます。足尾鉱毒事件もそうですが、子どもたちは地理の知識と歴史の知識がつながるとけっこう喜びますね。こういう喜びは大事にするようにしています。


入試に出る歴史上の人物 「ロック」

重要
「市民政府二論(統治二論)」の著者として知られ、1688年におきた名誉革命を理論的に支えたイギリスの思想家がロックです。人間は生まれながらに生命・自由を守る権利があるとした彼の考えは独立宣言や人権宣言にも大きな影響を与えました。

歴史以上に公民で出題される人物です。ロック・ルソー・モンテスキューの3人をセットで説明するのが定番ですね。

時代:17世紀末(日本では江戸時代前期)


中学入試用歴史人物漢字テストプリント

中学入試に出題される歴史上の人物を漢字で書けるかどうか確認するテストを作成しました。

1.邪馬台国の女王、ひみこ

といったように、純粋に漢字で書けるかどうかだけを確認するテストです。文字通り漢字テスト。実に100名完全網羅してあります。ぜひご活用ください。

歴史人物漢字テスト


予習シリーズ社会解説 「5年下第13回 明治時代(1)」

歴史の学習もついに近代に入りました。
歴史の授業をするときに気を付けなければならないことの1つに、江戸時代までと明治時代以降では授業の視点を変えなければならないということがあります。どういうことかというと、江戸時代までは政治の流れを説明するときに人物中心に話をしていけばよかったのに対し、明治時代はそれができないということです。例えば、奈良時代であれば聖武天皇、鎌倉時代であれば北条政子や泰時、時宗といった人物名を挙げて授業をしてきました。
しかし、明治時代はそれまでと比べると短い期間の間に多くの出来事がおき、出来事と人物を直結できないことが増えます。つまり、今までの人物中心の歴史で説明ができないということです。
私が授業をするうえで心がけているのは、日本を1つの登場人物として擬人化するイメージです。明治以降は、日本だけではなく中国や朝鮮、欧米の動きも中学入試の範囲内で大切になってきます。世界の中で日本がどんな動きをしてきたのかを感じながら理解を深めさせていきたいところです。

もう1つ明治時代以降で特に重要になるのが漢字の意味を確認することです。例えば、「版籍奉還」は版図(土地)と戸籍(人民)を奉還(天皇に返す)ことですし、「廃藩置県」は読んで字のごとしです。「富国強兵」は国を富まして兵を強くする、「殖産興業」は産業を殖やし興すという意味を理解させなくてはいけません(この2つはよく混同します)。
明治維新の改革の中で、特に地租改正は大きなポイントです。土地の所有者に地券を発行し、地価の3%を現金で納めさせるという政策によって、明治政府の財政が安定したという知識が出題されます。

文明開化に関しては、ガス灯・鉄道・郵便・太陽暦といった大きな変化があります。入試で出題される場合は「文明開化じゃないもの」を選ぶ問題が多いですね。おおよそ、ラジオ・電気といった大正時代に普及したものが答えになります。
そして、私が”敬愛してやまない”福沢諭吉“先生”です。とにかく、漢字間違いが多い。論・輸・輪、全部ありえますので授業ではノートなどにきちんと書けているか1人1人チェックします。”できるだけ多くの福沢諭吉先生に囲まれて暮らしたい”という、間違いなくウケます。

後半は自由民権運動と大日本帝国憲法です。1877年西南戦争を経て自由民権運動へとなっていくのですが、自由民権運動のきっかけとなった民選議院設立建白書は1874年で西南戦争よりも前というのは並び替え問題で気を付けるべきところです。授業で説明するときは、必ず西南戦争が先になるので間違えやすいんですね。

伊藤博文憲法制定にあたっては”君主県の強い”ドイツの憲法を参考にしたことは定番中の定番です。なお、初代内閣総理大臣である伊藤博文は同時に史上最年少内閣総理大臣(44歳)でもあります。内閣制度(1885年)ができてから大日本帝国憲法(1889年)ができたという並べ替えも注意したいところです。内閣総理大臣・主権といった教える側にとっては常識の言葉も子どもたちには初めて聞く言葉です。その辺りは丁寧に説明する必要があります

帝国議会に関しては衆議院の選挙権「直接国税15円以上納める満25歳以上の男子」は言うまでもなく記述の定番です。なお、最初の選挙では北海道・沖縄に選挙権がなかったため「全国で衆議院選挙が行われた」という表記は誤りになるので正誤問題では狙われるポイントですね。


大阪万博(2回目)

2025年の万博(万国博覧会)が大阪で決まりましたね。最近の東京オリンピックに関するごたごたを見ていると、無条件で喜べないところはあるのですが楽しみではあります。
さて、日本で開催された万博といえば1970年大阪万博です。太陽の塔などが有名なこの博覧会は入場者数6422万人を誇り、歴代万博でも2位の多さです。
社会科では、並べ替えの問題で登場することがあります。
東京オリンピック・東海道新幹線(1964年)→日韓基本条約(1965年)→大阪万博(1970年)→沖縄返還・日中共同声明(1972年)
というところが並べ替えとして出題されますね。

大阪万博以外にも万博は開催されています。一覧にすると

1970年 日本万国博覧会(大阪)
1975年 沖縄国際海洋博覧会
1985年 国際科学技術博覧会(筑波)
1990年 国際花と緑の博覧会(大阪)
2005年 愛・地球博(愛知)

の5回です。私個人としていったことがある博覧会は「国際花と緑の博覧会(花博)」と「愛・地球博(愛知万博)」の2つです。
といっても、花博は行ったということしか覚えていないんですよね。花博の頃はバブルも健在でウィキペディアを見る限り活況だったようですね。
2005年の愛知万博は、ガラガラはいいすぎですが割と空いていた覚えがあります。愛知万博はスタート当初来場者数が集まらず苦戦が報じられていたのですが、その時期に行ったみたいです。愛知万博は途中から入場者数が増え、後に数時間待ちになったようなパビリオンをほとんど並ばずに入れてラッキーでした。
東海地区の入試では愛知万博を入れた並び替え問題が出題されてもおかしくいですね。たとえば、1988年長野オリンピック→2002年日韓サッカーワールドカップ→2005年愛知万博とかすると国際的イベントの並べ替え問題が成立します。

ところで、愛知万博の入場者見込みを調べたら1,500万人(実際の入場者は2,200万人)とあったのですが、2025年の大阪万博は入場見込みを2,800万人にしています。正直、名古屋圏と京阪神圏では人口が違いますけど、そんなに入るのかとちょっと心配です。1970年の大阪万博を基準に考えると2020年東京オリンピックの二の舞(まだ始まってもいないけど)になりそうです。

 

 


入試に出る歴史上の人物 「与謝蕪村」

標準
江戸時代後期の化政文化を代表する俳人の1人が与謝蕪村です。与謝蕪村の作風は写実的なことで知られ、画家としても高い評価を受けています。

小林一茶も同様ですが、社会よりも国語で登場する人物ですね。社会では問題として作りにくいです。

読み:よさぶそん
時代:江戸時代後期(18世紀後半)



重要な出来事が2つ以上ある年号

歴史といえば年号を語呂合わせで覚えるイメージがあると思います。ただ、私としては年号をあまり覚えさせるのは好きではありません。実際に入試で年号そのものが出題される機会は少ないです。また、年代の古い順に並べ替える問題でも、全ての年号を覚えていなくても歴史の流れを把握しておけば答えられる問題も多いからです。

そんな中で覚えておきたいのは重要な出来事が重なっている年号です。Aという出来事ごとがあった年に起きた別の出来事Bを答えさせる問題は定番です。今回は複数の重要な出来事があった年号を一覧で紹介します。ちなみに、同じ年で起きた出来事のなかでも、その順番が重要視されるものがあるのでそれも紹介します。

743年…東大寺の大仏建立の詔、墾田永年私財法
大仏建立の詔は言葉を答える問題は出題されませんが、史料としてはでてきます。

1185年…壇ノ浦の戦い→守護・地頭の設置
壇ノ浦の戦いで活躍した源義経を追討する口実で兄・頼朝が設置したのが守護・地頭なので順番で知っておきたいところです。

1221年…承久の乱→六波羅探題の設置
これは、乱に勝利した幕府が京都に六波羅探題を設置したという基本の流れがあるので大丈夫でしょう。

1392年…足利義満が南北朝の合一、李成桂が朝鮮国を建国

1858年…日米修好通商条約→安政の大獄
大老・井伊直弼の並び替えですね。このあと、桜田門外の変(1860年)に続きます。

1867年…大政奉還→王政復古の大号令
江戸幕府の滅亡=武士の時代の終焉という確実に覚える必要のある年号です。

1872年…学制、太陽暦、新橋・横浜間に鉄道開通、富岡製糸場
地味にいろいろある年号です。

1873年…地租改正、徴兵令
富国強兵セットとして社会科では定番です。

1890年…第1回帝国議会、教育勅語
教育勅語が内容の説明なしで年号だけで答える問題はまずでないので、同じ年なんだぐらいの感覚で大丈夫でしょう。

1894年…領事裁判権の撤廃→甲午農民戦争→日清戦争
1895年…下関条約→三国干渉
日清戦争がらみの並び替えとして出題されます。日清戦争直前に領事裁判権の撤廃というのがポイントです。

1910年…韓国併合、大逆事件
高校入試では大逆事件が割と出題されるので注意。

1918年…シベリア出兵→米騒動→原敬が初の本格的政党内閣を結成
これは並べ替えの定番ですね。手前にロシア革命(1917年)が来ます。

1919年…ベルサイユ条約、ワイマール憲法、三・一独立運動、五・四運動

1925年…普通選挙法、治安維持法、ラジオ放送開始
普通選挙法と治安維持法は同じ年の出来事としては定番中の定番です。

1941年…日ソ中立条約→太平洋戦争
北方の不安を解消した後、日本は資源を求めて南進したのがポイントです。

1945年…沖縄戦→広島原爆→ソ連侵攻→長崎原爆→終戦→国際連合発足
歴史の中でも最も重要な年号です。財閥解体・農地改革・女性参政権も同じ年

1951年…サンフランシスコ平和条約、日米安全保障条約

1956年…日ソ共同宣言→日本国際連合加盟
ソ連の承認を得て国連に加盟できるようになったというのは流れの基本です。

1964年…東海道新幹線、東京オリンピック

1972年…沖縄返還→日中共同声明
二つの出来事の間に佐藤栄作→田中角栄という首相の交代もあるので、並べ替えが成立するのは前にも書いたかと思います。また、札幌オリンピックも1972年です。

1989年…消費税導入、ベルリンの壁崩壊、冷戦終結
平成元年という2019年入試で出題されそうな年号です。

やはり、近現代に偏りますね。実のところすべてを語呂合わせで覚えるのは難しいので、自分なりに工夫して覚えていく必要があるでしょう。


スポンサーリンク