「 歴史 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「坂上田村麻呂」

基本
清水寺桓武天皇により征夷大将軍に任命され、東北地方の蝦夷(えみし)討伐を行ったのが坂上田村麻呂です。


そのときの蝦夷のリーダーがアテルイ(阿弖流為)です。


中学校の教科書では蝦夷の抵抗に関する地図が掲載されていることが多く、802年につくられた胆沢城などを知っておいてもいいでしょう。

京都にある清水の舞台で有名な清水寺は坂上田村麻呂が建設にかかわったとされます。

読み:さかのうえのたむらまろ
時代:平安初期(8世紀終わり)


入試に出る歴史上の人物 「藤原頼通」

基本平等院鳳凰堂
父親である藤原道長とともに、平安時代の摂関政治を代表する人物が藤原頼通です。10円硬貨にデザインされている平等院鳳凰堂をつくらせた人物でもあります。

注意
藤原頼通は藤原頼”道”と漢字を間違えやすいので覚えるときに注意しましょう。

読み:ふじわらのよりみち
時代:平安時代中期(11世紀半ば)


入試に出る歴史上の人物 「藤原道長」

読み:藤原道長
時代:平安中期(11世紀前半)

基本
和歌を詠む人3代の天皇の后に自分の娘をつけ政治の実権を握ったのが、藤原道長です。息子は平等院鳳凰堂を建設した藤原頼通で、彼ら2代のころが摂関政治の全盛期とされます。

重要
道長の権力の強さを物語る歌として、彼自らがつくったとされる
「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることも 無しと思えば」
が有名で、ここから藤原道長や摂関政治を質問するのは問題作成の定番です。


藤原道長の日記「御堂関白記」は平安時代の様子を伝える貴重な資料として、ユネスコから「世界の記憶」に登録されています。


入試に出る歴史上の人物 「藤原純友」

重要和弓
939年に瀬戸内で朝廷に対し反乱をおこした武士が藤原純友です。

注意
同時期に同様に反乱をおこした平将門と混同しないことが重要です。覚えるポイントは反乱をおこした場所です。また、時代が10世紀前半で藤原道長や頼通など摂関政治の全盛期よりも以前の出来事であることも入試で出題されます。

読み:ふじわらのすみとも
時代:平安時代前半(10世紀前半)


入試に出る歴史上の人物 「平将門」

重要平将門の首塚
935年に関東地方で朝廷に対し反乱をおこした武士が平将門です。

注意
同時期に同様に反乱をおこした藤原純友と混同しないことが重要です。覚えるポイントは反乱をおこした場所です。また、時代が10世紀前半で藤原道長や頼通など摂関政治の全盛期よりも以前の出来事であることも入試で出題されます。

読み:たいらのまさかど
時代:平安時代前半(10世紀前半)


入試に出る歴史上の人物 「空海」

基本空海
仏教の宗派である真言宗の開祖が空海です。

重要
空海が建てた寺院として重要なのが高野山金剛峯寺(和歌山県)です。

注意
同時代の人物で、同じく唐に渡り仏教を学んだ最澄と区別をすることが重要です。真(しん)言宗の空(くう)海ということで「しんくう」と覚えるのがスタンダードな暗記法です。

読み:くうかい
時代:平安時代初期(9世紀はじめ)


入試に出る歴史上の人物 「最澄」

基本最澄
仏教の宗派である天台宗の開祖が最澄です。

重要
最澄が建てた寺院として重要なのが比叡山延暦寺(滋賀県)です。

注意
同時代の人物で、同じく唐に渡り仏教を学んだ空海と区別をすることが重要です。天(てん)台宗の最(さい)澄ということで「てんさい」と覚えるのがスタンダードな暗記法です。

読み:さいちょう
時代:平安時代初期(9世紀はじめ)


入試に出る歴史上の人物 「桓武天皇」

基本平安京
794年に都を平安京に移したのが、桓武天皇です。

また、桓武天皇は東北北部の蝦夷討伐のため、坂上田村麻呂征夷大将軍に任命しました。


桓武天皇が都を移した理由はいくつかありますが、「仏教勢力が政治に関わるのを防ぐため」というのが重要です。

注意
桓武天皇は784年に長岡京に都を移しましたが、うまくいかず平安京に再度都を移しています。藤原京→平城京→長岡京→平安京と都の古い順に並べ替えさせる問題が、よく出題されます。

読み:かんむてんのう
時代:平安時代初期(8世紀末)


入試に出る歴史上の人物 「鑑真」

読み:がんじん唐招提寺
時代:奈良(8世紀中ごろ)

基本
仏教の知識を日本に伝えるために、唐から日本に招かれた僧が鑑真です。日本への渡航は5回失敗し、6度目の渡航でやっと日本にたどり着きました。鑑真が日本で建立したとされる寺が唐招提寺です。
注意
唐招提寺の金堂と現在に伝わる鑑真像は写真史料問題の定番の一つです。



スポンサーリンク