「D~F」-社会科用語集

社会科用語集

EC

高受2ヨーロッパ連合(EU)の前身組織がEC(ヨーロッパ共同体)です。1967年に3つの組織が統合する形で誕生しました。原加盟国はフランス、西ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの6か国です。

初見の授業の段階では、EUとの混同をさけるためあえて触れない組織ですね。重要な組織ではあるんですが、答えが「EU」の時に、うろ覚えで「EC」って書かれるのは避けたいんですよね。

EPA

中受3高受3貿易だけではなく人の移動や投資などで二つ以上の国が経済連携協定(EPA)です。EPAはEconomic Partnership Agreementの略です。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)はEPAの一つです。

授業ではざっくりとFTA+人・サービス=EPAという説明をしています。グローバル化や米中貿易摩擦といったトピックスから国際社会関連の問題は増えており、EPAはホットトピックの一つと言えます。

ETC

中受1高速道路の料金所で一旦停止をせず料金の支払いが行えるシステムをETCといいます。

EU

中受5高受5ヨーロッパ諸国の政治・経済の統合を目指す組織であるヨーロッパ連合の略称がEUです。本部はベルギーのブリュッセルにあります。共通通貨はユーロですが、加盟国すべてでユーロが使われているわけではありません

高受3EUの加盟国数は現在27か国です。EUの加盟国を問う問題が出題されることがありますが、全ての加盟国を覚える必要は全くありません。EUに加盟していない国としてスイス(永世中立国)・ノルウェー(国民投票で不参加を決定)・トルコ(文化の違いなどで反対意見も多い)、さらに2020年脱退したイギリスを覚えておきましょう。

高受2EU内では農業・工業などで様々な協力関係をとっており、自給率の向上などにつながっています。半面、財政の負担が重いことや加盟国内の経済力の差による格差の問題も指摘されています。

Eメール

中受1インターネットを使って文書・画像を郵便のように交換する仕組みがEメールです。いまや、「メール」とだけ省略されることがほとんどになってしまいました。入試で出題されるというより、Eメールがあるのが当たり前世代の子どもたちに、これが特別なことなんだということを知ってもらうために一度説明する感じですね。

FAO

中受1高受1国連食糧農業機関の略称がFAOです。飢餓への対策などを国際的に行う組織です。教科書に名前は載っていますが、入試ではめったに出題されないです。

FTA

中受3高受3二国間以上の間で貿易にかかる関税の撤廃といった自由貿易にむけた協定をFTA(自由貿易協定)といいます。代表的なものとしてはアメリカ・カナダ・メキシコで結ばれている高受3NAFTA(北米自由貿易協定)がありましたが、2020年7月にNAFTAからUSMCA(アメリカ・メキシコ・カナダ協定)に変更になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました