「G~」-社会科用語集

社会科用語集

G7

中受3高受2日本・アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリアの先進7か国を総称してG7といいます。また、これらの国の首脳が集まる会議、先進国首脳会議(サミット)をG7ということもあります。

以前はロシアも参加してG8だったのですが、ウクライナ問題で参加しなくなりG7に戻ってしまいました。G8時代は「角にいいアフロ(カナダ・ドイツ・日本・イギリス・イタリア・アメリカ・フランス・ロシア」という語呂合わせがあったのですが、最近は「角にいいアフロからロが抜けた」と言っています。

G20

中受1G7に中国など新興国を加えた20の国と地域を総称してG20といいます。G20の構成国は
●G7(日本・アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア)
●インド・中国・韓国・インドネシア・サウジアラビア
●EU・ロシア・トルコ
●ブラジル・メキシコ・アルゼンチン
●南アフリカ共和国
●オーストラリア
です。G20の参加国は覚える必要はありません。G20という表現があることを知っておけば十分です。

GAFA(ガーファ)

中受1IT業界で強大な影響力をもつ4つの企業を総称してGAFAといいます。それぞれ、グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップルの頭文字からとった名称です。

企業名が入試に出ることはめったになく、今のところ入試で出題された記憶はない用語です。が、GAFAはNHKのニュースで聞く機会も増え、影響力の大きさから入試で出題されてもおかしくないと判断し、収録することにしました。

GDP

中受4高受4一定期間内に国内で新たに生み出された財・サービスの総額をGDP(国内総生産)といいます。GDPの多さはその国の経済規模の大きさを表します。現在、GDPはアメリカが1位、中国が2位で日本はそれに次ぐ3位です。

入試問題ではGDPを人口で割った「一人当たりのGDP」もデータとして使われます。北欧など経済力のある小国が上位に来ます。日本は約4万ドルで全体では30位前後です。発展途上国では、日本の10分の1以下も珍しくありません。

GHQ

中受5高受5太平洋戦争終結後、日本の民主化を推し進めた連合国軍総司令部の略称がGHQです。GHQの総司令官がマッカーサーでした。連合国軍総司令部という名称よりGHQという略称が聞かれることが多い用語です。

GIS

地理情報システム(GIS:Geographic Information System)は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である。

https://www.gsi.go.jp/GIS/whatisgis.html

高受1中学校の教科書で、「調べ学習」のやり方について解説している部分で登場する用語です。入試では、出題されません。

GNP

中受1高受1国民総生産の略称がGNPです。国民総生産はそれぞれの国の国民が生み出した財・サービスの総額を表したものです。GDPとGNPの違いを式にすると

日本のGDP=日本国内で生み出された財・サービスの総額
日本のGNP=日本国内で生み出された財・サービスの総額+海外で日本人・企業が生み出した財・サービスの総額-日本で外国人・企業が生み出した財・サービスの総額

になります。以前は、経済規模を表す指標としてGNPが使われてきましたが、グローバル化が進む中、GNPでは国の経済動向を正しく判断できなくなりGDPが使われるようになりました。

そのため、社会科でGNPが登場するのは歴史で1968年にGNPが資本主義諸国で2位になった話です。

GDPと重要度に差があるため、中位クラスではあえて教えない用語ですね。変にGDPとGNPを混同されても困るので。もちろん、生徒に聞かれれば答えますが、覚えなくていいよという注釈付きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました