「I~L」-社会科用語集

社会科用語集

IAEA

中受3高受4国際原子力機関の略称がIAEAです。IAEAは原子力の平和利用、核兵器開発の禁止を目的とした組織です。

社会情勢によって出題頻度(特に中学受験)に変化がある組織ですね。社会情勢というのは、平たく言うと北朝鮮情勢です。

IC

中受1高受1半導体を使ってつくられた複雑な電気回路である集積回路の略称がICです。ただ、最近では高度な集積回路はLSIといった別の呼び方をすることが多く、教科書などではICの表記が減りつつあります。

ICT

高受3情報通信技術の略称がICTです。英語でいえば、information and communication(s) technologyですね。コンピューター、インターネット、アプリといった情報インフラに使われる技術全体をさします。類義語がITで情報技術の略称ですね。日常生活ではITということが多いですが、社会科ではICTで教科書に掲載されていることが多いです。

ILO

中受2高受2労働者の労働条件の改善のために活動する国連の組織がILO(International Labour Organization:国際労働機関)です。

出題されるとしたら、UNESCOなど国連の他の機関と一緒に記号選択で答える問題が多いですね。

INF全廃条約

中受1高受2中距離核戦力全廃条約の略称がINF全廃条約です。中距離核戦力とは約500~約5,500kmを射程としているミサイルなどのことです。1987年にアメリカ・レーガン大統領とソ連・ゴルバチョフ書記長との間で結ばれました。2019年に破棄されています。

冷戦終結の象徴の一つともされる重要な条約ですが、これを学習する単元ではNPTやCTBTといった他の核廃絶に向けた条約を学習するため、どうしても優先順位が低くなりがちですね。

IOC

中受3高受2近代オリンピックを統括する国際オリンピック委員会の略称がIOCです。IOCの創設にかかわり「オリンピックの父」と称されたのが中受2クーベルタンです。ちなみに、IOCはNGO(非政府組織)の代表例の一つです。

東京オリンピックが終わってしばらくするまでは(2022年度入試ぐらい)、中学受験の重要度は4でもいいぐらいですね。

JA

中受2農業協同組合の略称がJAです。厳密には全国農業協同組合全国会の略称ですが、中高受験ではそこは割愛されています。

LCC

中受2高受1効率化やサービスの簡略化により、比較的低価格で航空サービスを提供している航空会社をLCC(格安航空会社)といいます。

コロナ禍で航空需要が激減している中、苦境に立たされている業種の一つがLCCでしょう。これまでなら、「どうやって価格を抑えているか?」を問う記述問題の出題がありえましたが、ちょっとしばらくはないかな。

LNG

中受4高受1天然ガスは輸送するとき、体積を減らすため気体から液体に変化させます。その液化天然ガスの略称がLNGです。ちなみに、天然ガスを液体にするにはマイナス162度まで温度を下げる必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました