入試に出る日本国憲法条文プリント

プリント

概要

中学入試・高校入試に出る日本国憲法の条文を収録したプリントを配布いたします。個人用だけでなく、学習塾等で補習などで自由にご利用いただけます。塾でも使いやすいように、「社会科の歩き方」が作成したという表記は、プリント左上のロゴのみにとどめています。

プリントは三種類あります。基本編は文字通り憲法の条文で一番出題されやすい第9条、第25条を中心に構成されています。人権編は基本的人権に関する条文を中心に構成しています。発展編は前文などやや細かい内容を収録しています。

基本編

人権編

発展編

解説

日本国憲法の条文で穴埋め問題で出題されやすい内容をピックアップしました。解説は随時追加していきます。

太字……重要語句です
赤のアンダーライン……プラスアルファで覚えておきたい内容です。
青のアンダーライン……記述問題で出題されやすい内容や注意しておきたい内容です。

前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国憲法前文

青色のアンダーラインで引かれている部分は、リンカンの「人民の人民による人民のための政治」を日本国憲法にあてはめた内容として紹介されることが多いですね。

第一章 天皇

第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

日本国憲法第一章

第一条は「憲法の穴埋め問題を出す」と中学校の定期テストで言われたら大体出ると思ったほうがいいですね。「象徴」とかは常識として覚えておくとして、その辺が当たり前だろという人は「日本国民統合の象徴」という表現を押さえておくといいです。意外と出ます。

第二章 戦争の放棄

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本国憲法第二章

日本国憲法の中で最重要なのは、やはり第九条でしょう。どこから出題されてもおかしくないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました