日本の農水産業がさかんな都道府県プリント

プリント

日本の穀物・いも類・果実の生産がさかんな都道府県

概要

 日本の穀物・いも類・果物の生産がさかんな都道府県をまとめたプリントです。中学受験向けの内容になっています。グラフから品目を読み取る問題と、グラフ内の都道府県を当てはめる問題の二種類がセットになっています。上の画像をクリックするとPDFで見ることができます。

  個人用だけでなく学習塾で補習などで自由にご利用いただけます。塾でも使いやすいように、「社会科の歩き方」が作成したという表記は、プリント左上のロゴのみにとどめています。

解説

 米は1位新潟県、2位北海道、3位秋田県まで覚えておく必要があります。以前は、新潟と北海道がちょいとい順位が入れ替わっていたのですが、ここしばらくは新潟県で固定されています。
 小麦・大豆・じゃがいもと北海道が生産1位のものが多いですね。こういうプリントで区別するためには2位がどこなのかを覚える必要がありますが、一番大事なのは北海道が1位であるという情報です。たとえば、入試問題で小麦と大豆の生産順位が両方出題されていて2位以下の微妙な違いを区別する問題とかはめったに出ないですね。
 果物栽培はりんご・みかんといった定番が並んでいます。みかんは収穫の多い表年と、少ない裏年があって2位愛媛県、3位静岡県が入れ替わったことがありました。今回のプリントでは静岡県は問題に入れていませんが、静岡県まで覚えておきたいですね。

日本の野菜・工芸作物の生産がさかんな都道府県

概要

 日本の野菜・工芸作物の生産がさかんな都道府県をまとめたプリントです。中学受験向けの内容になっています。グラフから品目を読み取る問題と、グラフ内の都道府県を当てはめる問題の二種類がセットになっています。上の画像をクリックするとPDFで見ることができます。

解説

 入試で生産順位が問われる野菜に関しては、大きく2つのグループに分けることができます。第一に、促成栽培グループ。なす・ピーマン・トマトといった実を食べる作物ですね。第二に、高冷地農業グループ。キャベツ・レタスといった葉を食べる野菜がここに入ります。
 野菜に限らずですが、都道府県ごとの生産量に差がなくて順位が毎年のように変わる作物は入試では、まず出題されません。1位・2位が僅差でいれかわることがよくあるような作物は、その1位2位の特定だけで問題をつくるのではなく、他の条件で都道府県を特定したり、どちらかの都道府県だけを聞くように問題は作られています。

日本の畜産・養殖の生産がさかんな都道府県

概要

 日本の畜産・養殖の生産がさかんな都道府県をまとめたプリントです。中学受験向けの内容になっています。グラフから品目を読み取る問題と、グラフ内の都道府県を当てはめる問題の二種類がセットになっています。上の画像をクリックするとPDFで見ることができます。

解説

 畜産は、北海道・鹿児島県・宮崎県の3つの道県がポイントですね。肉用若鶏(テキストによってはブロイラーと書いてある場合もあります)は、2019年のデータでは宮崎県が1位になっていますが、年度によっては鹿児島県が1位になることもあります。
 漁港は1位銚子港以外はコロコロ順位が変わります。プリントに収録されている漁港はどれも覚えておくべきものばかりですが、順番はそれほどこだわらなくてもいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました