「 じゃがいも 」一覧

入試に出る都道府県 「長崎県」


・地図中Aは県庁所在地である長崎市。江戸時代、オランダとの貿易の拠点である出島がおかれた。1945年8月9日に原子爆弾が投下される。造船業が盛ん。


・地図中Eは対馬。近海を対馬海流が流れる。古くから朝鮮半島との交流の拠点だった。


・地図中Cは佐世保市で造船業が盛ん。
・地図中Fは大村湾。真珠の養殖が盛ん。


・地図中Bは平戸市。南蛮貿易が栄え、1641年までオランダの商館が置かれた。
・地図中Dは雲仙岳(雲仙普賢岳・普賢岳)。1991年におきた火砕流では大きな被害が出た。
・長崎県はじゃがいもの栽培が盛んで、北海道に続く2位の生産。


・日本で最も島の数が多く、海岸線の長さは北海道に匹敵する。
・日本で唯一1つの都道府県(佐賀県)としか接していない都道府県。
・世界遺産「明治日本の産業革命遺跡」の代表的な存在である軍艦島がある。

古くから貿易の拠点だったこともあって、歴史も含めていろいろ出題される内容が多い都道府県です。

面積:約4130㎢
人口:約132万人(2019年)


いも類の産出額が多い市町村ベスト20

社会科でいもといえば、鹿児島県のさつまいもと北海道のじゃがいもです。と思って統計データを見ると意外ない結果が…。

市町村別農業産出額・いも類
2016年 単位は千万円
順位 都道府県 市町村 データ
1 茨城県 鉾田市 1,249
2 千葉県 成田市 897
3 千葉県 香取市 801
4 茨城県 行方市 711
5 長崎県 雲仙市 543
6 北海道 帯広市 507
7 徳島県 鳴門市 502
8 北海道 網走市 484
9 北海道 芽室町 435
10 北海道 斜里町 424
11 北海道 小清水町 402
12 鹿児島県 南九州市 395
13 北海道 清里町 392
14 茨城県 ひたちなか市 386
15 北海道 大空町 384
16 長崎県 南島原市 381
17 北海道 幕別町 352
18 北海道 士幌町 333
19 北海道 更別村 314
20 北海道 北見市 310

鹿児島でもなく北海道でもなく千葉県でした。鉾田(ほこた)市はさつまいもだけではなくメロンの生産が日本一の近郊農業の拠点です。さつまいも(統計上はかんしょ)の作付け面積では鹿児島県の南九州市が1位ですが、産出額になると千葉県の自治体が上位に来ます。鹿児島県のさつまいもは作付面積、収穫量に比べると産出額が少ないことになります。

じゃがいもは北海道一本かぶりです。都道府県単位では北海道が一番多いはずなのに自治体が多いので分散して結果、市町村別では上位に来ないのは、このシリーズではよくありますね。


じゃがいもの収穫量が多い市町村ベスト20

やせた土地でも育ち、寒さにつよく、年に複数回収穫することができ炭水化物(デンプン)がとてる作物。それが、じゃがいもです。ただし、連作障害がおこりやすく輪作で育てる必要がある作物でもあります。ちなみに統計上の名称は「ばれいしょ」です。
日本では、北海道で全国の4分の3を生産しています。

じゃがいもの収穫量の多い市町村トップ20(2016年)

順位 都道府県 市町村 収穫量(t)
1 北海道 帯広市 111,500
2 北海道 網走市 106,400
3 北海道 芽室町 95,700
4 北海道 斜里町 93,300
5 北海道 小清水町 88,300
6 北海道 清里町 86,100
7 北海道 大空町 84,300
8 北海道 幕別町 77,400
9 北海道 士幌町 73,200
10 北海道 更別村 69,100
11 北海道 北見市 68,000
12 北海道 音更町 61,800
13 北海道 美幌町 53,000
14 長崎県 雲仙市 38,500
15 北海道 倶知安町 36,200
16 北海道 鹿追町 35,000
17 北海道 中札内村 35,000
18 北海道 美瑛町 33,700
19 北海道 訓子府町 32,000
20 北海道 豊頃町 27,700

とまぁ、見ての通り北海道祭りです。ちなみに芽室(めむろ)町、音更(おとふけ)町、美幌(びほろ)町、倶知安(くっちゃん)町、鹿追(しかおい)町、中札内(なかさつない)村、美瑛(びえい)町、訓子府(くんねっぷ)町とアイヌ語を発祥とした独特の読み方をする地名が並んでいます。最も、アイヌに限らず全国に難読地名はいくらでもありますけどね。

じゃがいもといえば北海道ですが、社会科では収穫量2位長崎県も重要です。雲仙市は島原半島にある街です。名前の通り、雲仙普賢岳のふもと(北西)のありますが、1991年の噴火で大きな被害を受けたのは山の東にある島原市です。


スポンサーリンク