「 たまねぎ 」一覧

たまねぎの収穫量の多い市町村ベスト20

今回はたまねぎの収穫量が多い市町村ベスト20です。都道府県別でみると北海道が全体の4分の3をしめる作物です。寒さに強く、年間を通して収穫できるうえ長持ちするため、旬とよばれる季節は特にありません。

たまねぎの収穫量の多い市町村(2016年)

順位 都道府県 市町村 収穫量(t)
1 北海道 北見市 246,800
2 北海道 訓子府町 100,700
3 北海道 富良野市 83,500
4 兵庫県 南あわじ市 73,500
5 北海道 美幌町 60,400
6 北海道 岩見沢市 49,000
7 北海道 中富良野町 46,800
8 佐賀県 白石町 45,300
9 北海道 湧別町 37,400
10 北海道 津別町 26,100
11 北海道 大空町 19,900
12 北海道 栗山町 15,100
13 佐賀県 唐津市 14,400
14 北海道 札幌市 14,100
15 北海道 置戸町 13,800
16 北海道 長沼町 13,100
17 愛知県 碧南市 11,400
18 長崎県 南島原市 9,600
19 静岡県 浜松市 9,550
20 北海道 士別市 8,540

見ての通りの北海道王国です。1位の北見市はてんさいの収穫量が1位の市町村でもあります。注目すべきは4位南あわじ市です。兵庫県の淡路島ではたまねぎの近郊農業が盛んというのは覚えておきたいポイントです。


予習シリーズ社会解説 「5年上第13回 近畿地方」

近畿地方の授業で、まず生徒の耳目をひくのが、雨温図の降水量のグラフが枠をはみ出している三重県尾鷲市の雨温図です。降水量の平均が3,800mm。東京の2倍以上、降水量の少ない香川と比較すると3倍以上です。ただし、尾鷲市の日照時間は日本の平均とほぼ同等で、雨の日が多いわけではありません。一度に降る雨の量が多いと伝えるさらに驚きます。
尾鷲市に関連して、紀伊山地・紀伊半島・吉野すぎ・紀ノ川流域(和歌山県)のみかん・かき・うめの栽培・紀伊山地の霊場と参詣道と関連知識を一網打尽にしたいです。

近畿地方の農林水産業はそれほど覚えることは多くありません。意外と覚えておきたいのは淡路島(兵庫県)の近郊農業によるたまねぎの栽培です。たまねぎの栽培の1位は北海道ですが、北海道が1位の農作物は多いため、兵庫県のたまねぎを覚えておくとランキングの判別に便利です。

志摩半島(三重県)は世界で初めて真珠の養殖に成功した場所として有名です。リアス海岸の代表格でもあります。

工業都市ではの石油化学工業、神戸の造船は重要です。ともに
堺…大仙古墳・鉄砲
神戸…阪神淡路大震災・神戸港(ポートアイランド)
と他に覚えることがあり、関連付けで出題されやすいです。阪神工業地帯といえば門真の電気機器が有名です。門真はパナソニックの本社があるのですが、現在の工業出荷額はそれほどでもありません。

近畿地方は世界文化遺産が実に5つあります。法隆寺姫路城・古都京都の文化財・古都奈良の文化財・紀伊山地の霊場と参詣道です。法隆寺と姫路城は日本が世界遺産に参加するようになってすぐに登録された場所です。歴史でも学習しますが、近畿地方はそれほど量が多い単元ではないので、ここで覚えてしまいたいです。

関西国際空港はかつては地図上で位置を問う問題が良く出題されました。今はそれほど出る問題ではありませんが、海上にあることで騒音対策になり、24時間離発着可能であることが記述させる問題がでます。

最後に、近畿地方は人口が多い都道府県が多いです。九州・中国・四国とみてきたあとに、大阪(880万人)、兵庫(550万人)、京都(260万人)はインパクトがあるので必ず触れるようにしています。


スポンサーリンク